国立大学法人奈良女子大学/奈良女子高等師範学校の教育標本

正倉院模造宝物

久保田関中村三氏勧業之文

>>目録へ
 
久保田関中村三氏勧業之文
 
解説 漢文 書き下し文 中段和歌 下段和歌 箱表 箱裏
 
 
 
解説

明治末年、師である保井抱中(宮内省御用職)が、皇居桐之間桐花蒔絵大書棚の製作を拝命した。それに伴い、弟子である吉田包春は家族を伴って東京に引っ越し、保井抱中の作業を助けることを決めた。その包春の強い決意に敬意を表して、京都や奈良の帝室博物館館長を勤めた久保田鼎(くぼたかなえ)、貴族院議員であり奈良帝室博物館学芸委員を勤めた中村雅真、奈良の豪商であった関藤次郎(せきとうじろう)、そして包春の兄である吉田立斎(1867-1935)、北村久斎(1875-1959)らが大正2(1913)年2月5日に宴を催した。その際に久保田鼎、中村雅真、関藤次郎の三名が賛辞を送ったことをそれぞれが記した書である。
 
 
 
漢文

奈良吉田抱春業髹漆。曩與同志創一會、名曰奈良漆工青年會、善
願同業相切劘、競技對巧、以一新奈良漆器之面目也。余誤見推擧乏會
長。市内長老中村雅真・関藤次郎及橋井善二郎諸君亦參與會務、誘
導核指甚力、蓋其所以奬励抱春等、即是所以奬励奈良産業関係匪淺
也。頃抱春將挈家東游。問其故、曰「師抱中奉禁裏従事製作、欲使某有
所補助、是以往也。」余聽之喜甚、謂助師従事禁命榮美、不宜不擧一抔以賀之。其
人能為此榮、而足以不愧長老誘導之力居多、不宜不請三君子席以壯其行色
也。於是開祖筵于茅屋、以抱春為主賓、併招其二兄、立齋及久齋、而関君亦恵
然見臨。肴雖野、足以侑酒、酒雖薄、足以催興。清游閑話、罄一夕之歡而散、當時
大正二年二月五日也。獨恨橋井君久病在蓐、不能邀之、而中村君則赴約于
遠方、夜闌帰家遂不果来□。此夜関君為抱春詠和歌一首、越數日、中村
君亦和賡之。皆慇懃諷諭、莫不尚其濟有終之美也。因余請二君、故書其
歌于此紙、余録其由于上、以贐抱春云爾。
                 理堂 鼎印(陰文)・理堂(陽文)
 
 
 
書き下し文

奈良の吉田抱春は髹漆を業とす。曩(むかし)同志と一の會を創り、名づけて奈良漆工青年會と曰ふ。同業相切劘し、技を競ひ巧を對し、以て奈良漆器の面目を一新せんと善願する也。余誤りて乏會の長に推擧せらる。市内の長老中村雅真(がしん)・関藤次郎(せきとうじろう)及び橋井善二郎(ぜんじろう)の諸君も亦た會務に參與し、誘導核指甚だ力(つと)む、蓋し抱春等を奨励する所以なり、即ち是れ奈良の産業を奨励する所以関係淺からざるなり。
頃(ちかごろ)、抱春將に家を挈(ひっさ)げ東游せんと欲す。其の故を問はば曰く、「師保中禁裏を奉じ製作に従事す、某(われ)をして補助する所有ら使めんと欲す。是(ここ)を以て往く也」と。余之を聽き喜ぶこと甚し、師を助け禁命に従事するは榮美なり、宜しく一杯を擧げ以て之を賀さざるべからずと謂(おも)へり。其の人能く此の榮を為す、而して長老誘導の力の居多なるに愧(は)ぢず、宜しく三君子を席に請ひ以て其の行色を壯とせざるべからず。是(ここ)に於て祖筵を茅屋に開き、抱春を以て主賓と為し、併せて二兄、立齋及び久齋を招く、而して関君も亦た恵然として臨まる。肴(さかな)は野なりと雖も、以て酒を侑(たすく)るに足り、酒は薄しと雖も、以て興を催すに足る。清游閑話、一夕の歡を罄(つく)して散ず、時に大正二年二月五日に當る也。獨り恨むらくは橋井君は久しく病みて蓐(じょく)に在り、之を邀(むか)ふる能はず、而して中村君は則ち約に遠方に赴き、夜闌(た)けて家に歸(かえ)り、遂に来るを果せず。此の夜、関君は抱春の為に和歌一首を詠ず、數日を越えて中村君も亦た之に和し賡(つ)ぐ。皆慇懃に諷詠し、其の有終の美を濟(な)すを尚(ねが)はざる莫き也。因りて余は二君に請(こ)ひ、故(ことさら)に其の歌を此の紙に書かしめ、余は其の由(よし)を上に録し、以て抱春に贐(はなむけ)すと爾(しか)云ふ。
                        理堂 鼎印(陰文)・理堂(陽文)
 
 
 
中段和歌

  雅真(印)
   おもふ
 わけめとそ
   わさを
  をのか手
 匂ふまて
  にはに
 雲ゐの
九重の
 
 
 
下段和歌

春日野の
 花をみやこに
  うつしうゑて
さかせにほはせ
  君か手わさを
        藤次
        (印)
 
 
 
箱表

久保田関中村三氏勧業之文
 
久保田關中村三氏勧業之文
 
 
 
箱裏

久保田関中村三氏勧業之文
 
吉々軒包春蔵