明石市立図書館/明石 郷土の記憶デジタル版

明石の農村

鳥羽地区

昔の村の様子と子ども達の生活(昭和30年頃)

 流れ溝は、野々池からきれいな水が流れ、川底には「しじみ」や「カラス貝」などが生息し、日中は子ども達の水浴びの場となる。夕暮れ時になると流れ溝及び周辺には、沢山の「蛍」が飛び交い、子ども達(小さい子どもは、お母さんたちに連れられ)は、麦わらで編んだ手作りの篭(かご)を持って蛍狩りをする。時々、草むらに潜んでいる「蛇」を「蛍」と間違えてつかんでしまうこともある。盆の15日には、精霊流しの場となる。