明石市立図書館/明石 郷土の記憶デジタル版

明石の農村

鳥羽地区

講(こう)

 年齢の近い男性によって組織された講である。毎年両彼岸の中日に集い、慈泉寺内の観音堂等に参詣し、懇親会を持っている。観音さまの信仰を通じ、同じ道心を持ち行動(同行)するよう平素から心がけるようにしている組織体である。なお、懇親会場(宿という)は、かつては講中持回りであったが、現在では外食形式によって行われている。しかし、今日様々な事情で講を結ぶことが困難になっている。