明石市立図書館/明石 郷土の記憶デジタル版

明石の農村

鳥羽地区

講(こう)

 昭和40年に台風により倒壊した山門の上棟文に享和(きょうわ)元年(1801年)4月13日、願主達磨講とあり、それ以前にすでに講の活動がなされていたことが判明した。達磨講は安産を祈願する講であるが現存しない。