明石市立図書館/明石 郷土の記憶デジタル版

明石の農村

鳥羽地区

講(こう)

 天照皇大神の信者が一定の時期に祭礼を催し、伊勢神宮への参詣を行う。なお、古来より参詣場所(宿(やど)という)は講中持ち回りで、料理は「かしわ」(鶏肉)のすきやきと決められており、現在でもこの伝統が守られている。

伊勢講


伊勢講祭壇