明石市立図書館/明石 郷土の記憶デジタル版

明石の農村

鳥羽地区

神社・仏閣・建造物

中谷山西明寺(ちゅうごくざんさいみょうじ)(浄土真宗本願寺派)

 昭和20年、これまで集会所などに置かれていた仏像を赤松鮮慈住職が集め、西明寺として創建した。その後を引き継いで昭和38年には本堂が建てられた。この寺には、蓮如上人真筆の幅6㎝、長さ28㎝の短冊型をした六字名号「南無阿弥陀仏」がある。また、境内には親鸞上人の大きな像が建てられている。

西明寺

  所在地  小久保5丁目
 
  創建   昭和20年(1945)
 
  本尊   阿弥陀如来