京都女子大学/京都女子大学図書館所蔵 淀藩士上月家文書

組々御譜代被仰付候節ヨリ之留
画像番号一覧 表示/非表示
      [画像21~25](翻刻)
 
 
画像画像 26
    可仕哉
  御扶持方者相渡置候米之内勤日数引残リ
  之分正米高其砌御扶持方蔵江為相納可申
  哉又者代銀ニ而其暮納ニ可被 仰付哉代銀ニ而
  御座候ハヽ相場御扶持方直段ニ而勘定可仕哉
   御扶持方者無勘定相渡候分被下切ニ可取計候
   尤廿五日後へ届候而も廿四日ゟ以前之出奔ニ候ハヽ翌月
   分御扶持方請取分其節正米納ニ可取計候
 
  (改頁)
 
     勤番組拾人道中入用
    覚
一銭弐拾三貫七百廿一文
   内六百九拾四文大津迄増
        淀ゟ江戸迄本馬二疋五分駄賃
        人数拾人、但、四人壱疋之割
一銭拾七貫五百文
        右同断人数拾人九宿リ十昼
 
 
画像画像 27
        分族籠銭但壱泊リ百廿四文
        壱昼六拾文
一銭九貫百四拾八文    所々川越賃
   内
一弐貫弐百三拾文     桑名ゟ宮迄三人水主
             壱艘借切賃
一九百拾八文       荒井ゟ舞坂之舩弐艘
             借リ切賃
 
  (改頁)
 
一壱貫五百文       大井川越人足弐拾人但壱人
             七拾弐文
一壱貫文         阿部川越人足弐拾人但壱人
             八拾八文
一三貫五百文       所々川越賃銭但壱人ニ付
             三百四十八文
一銭拾五貫文
     但此節道中筋諸式高直ニ付取扱入用
     被下人数拾人分
 
 
画像画像 28
一銭      金何両切賃但壱両ニ付
        何拾文ツヽ
   金ニ〆          両替
 右者此度御目付方ゟ被仰付江戸為勤番
 卯何月何日淀出立淀ゟ江戸迄片道分駄
 賃雑用銭請取申所実正御座候以上
    寛政七卯年
一寛政八辰十二月十九日御用番松原五左衛門殿
 
  (改頁)
 
 於評定所左之通被仰渡候
  御旗奉行 御者頭 御持長柄奉行
 御先手組御旗之者御持長柄組江為取扱金
 百両頭々江拝借被 仰付御貸附方ニ而引請
 頭々奥印ニ而貸附春暮引取改候て貸附
 候様被仰付候上納之義ハ目論見候通リ可被相心
 得候委細之儀者御勘定奉行可承リ合候
     御先手組
 
 
画像画像 29
     御旗之者  舫金目論見覚
     御持長柄組
          来巳年ゟ五ヶ年賦
一金百両      頭々江拝借仕組々江
          貸附
 右拝借之百両貸附方毎春月八朱之利
 付ニ而組々江貸附翌春元利取立又組々江
 貸附可申事
 
  (改頁)
 
一頭々月々壱匁五分ツヽ出銀組々壱ヶ月四度ツヽ
 御長柄組割合有之委細別帳面ニ目(見脱カ)論方有之
一頭々昇進或者隠居又者死亡ニ而舫を退キ候
 者江者其身出銀員数たけハ春暮取立
 之節相渡可遣事
   但組之者茂右同断之事
一右之通ニ付被 仰付候人江舫出銀可為出候
 尤壱ヶ年分毎春一度ニ出銀可為致事
 
 
画像画像 30
   但組茂新参召抱候ハヽ右同断取計
一右舫金五ヶ年ニ而出金者相済候へ共貸附
 金者永々相残リ有之候事ニ付何ヶ年
 相立候而も右二ヶ年条者取計可申事
    組々ゟ請取手形文段
     覚
一金五両    但月八朱之利
 右者御貸附金請取申処実正御座候
 
  (改頁)
 
 来巳春御切米之内ニ而元利御引取可被成候為
 後日如斯御座候以上
              誰組組役
   年号月日           誰印
               小
                  誰印
      大木喜兵衛殿
      岡本小助殿
      武藤津右衛門殿
 
 
      [画像31~35](翻刻)