京都女子大学/京都女子大学図書館所蔵 淀藩士上月家文書

組々御譜代被仰付候節ヨリ之留
画像番号一覧 表示/非表示
      [画像1~5](翻刻)
 
 
画像画像 6
一及老年駆走リ難儀候者相互之儀ニ付相組ゟ
 助合或者年頃之子共有之候者代リニ為勤候
 儀頭々存念次第不苦候事
一江戸勤番京詰共ニ年頃之子共有之候者代リ
 遣候儀も是又存念次第不苦候事
   但諸扶持者本人罷越候通被下候尤子共代ニ
 遣候段御目付江可申達事
 
  (改頁)
 
一御旗之者者別而大柄之者被召抱候儀彼是
 ニ而御切米も宜(候脱カ)敷得共此度御譜代被 仰付候ニ付
 子孫相継候而者男振吟味者及兼候間幼少
 より業を心掛小共ニ而も御用立候様可心得候事
   但是迄御旗之者二組ニ而江戸勤番者壱組
   之順ニ而有之候得共二組共順を立向後拾八
   組ニ而順々可相勤候御旗之者勤番者尤三
   人残リ八人宛可相詰事
 
 
画像画像 7
一年頃之子供有之其身年若ニ候者外組江番
 代遣候義ハ勿論先方江遣節幼少之実子
 有之其実子年頃相成候者譲リ候て実父
 之方致相続候儀勝手次第之事
一勤番京詰共諸扶持独身之者ヘハ是迄之通
 被下間敷候事
一及老年助合有之候而も不相勤候様ニ相成番
 代江相譲リ候者小頭者金壱両壱人扶持平ハ
 
  (改頁)
 
 壱人扶持つヽ可被下置候事
一及老年駆走御奉公難相勤者共是迄之通
 御留守居組江者御抜被成候儀被差止候事
一銘々御長屋御借被成候ニ付小歩者被差止夜具
 持計を御借被成候事
一銘々御長屋之儀ハ地所御吟味之上追々御借
 被成候事
   但小頭長屋間数減シ台所相止メ割合之上
 
 
画像画像 8
   不足之分新建可被仰付候事
一台所相止候者、米舂所差支可申哉ニ付是又
 割合可有之事
一御譜代被 仰付候儀ニ付行儀作法等別而相互
 ニ致吟味正敷致候様可申付事
一弓鉄砲并棒補手稽古弥相励子供幼年
 より稽古可為致事
    以上
    丑七月
 
  (改頁)
 
一右御譜代被 仰付候ニ付組々江左之通申含
 候事
 此間一通申渡候通今度組々御譜代被成下
 番代を茂可被 仰付之旨一統永々子孫為続
 相勤上候儀誠冥加至極難有御事候是迄迚も
 一同申合致精勤候得共右之通番代被 仰付
 及老年難相勤者共者御扶持方も可被下置候
 段 御憐愍之御儀共難有仕合奉存候然ル上ハ
 
 
画像画像 9
 銘々勤向之儀者勿論平日之所行作法正敷
 弓鉄砲棒捕手等無怠相励御奉公間合
 ニ者書算を茂心掛聊閑等之無心得厚キ
 志ヲ以勤上候儀主一之事候当所者京伏見大
 坂近キ場所柄之儀旁以慎薄場ニ而者自不埒
 之儀も致出来万一御外聞ニ茂拘リ候儀有之候
 而者頭々茂恐入候事ニ候是迄茂所行等不宜
 不慎之趣相聞候者軽重之趣意ヲ以咎等申
 
  (改頁)
 
 付候得共以来御譜代被成下番代被 仰付候場ニ而
 者勤向心掛薄不埒之所行相行抔相聞候者申
 達厳敷取扱等可申付候右之心得を以子供
 茂幼少ゟ格別制戒いたし持前之稽古
 事等為心得掛丈夫ニ番代相勤候様可致候
 子供多ニ有之奉公差出候者可成たけ御
 家中ヘ差出可申候左候得者自然与御家風
 見習往々御用立可申候御書付ニ茂有之
 
 
画像画像 10
 候通他之者番代差出候ハゝ武家出を心掛第
 一人柄能芸術書算之内心得候者篤与
 吟味いたし候上相願可申候人柄ニ寄百姓出者
 苦間敷候猶又其節相糺候上番代可申付候殊
 平ニ而茂小役人勤加番可被 仰付由本望之
 至リ(虫損)□候左様之節者別而大切ニ相勤御用立
 候者御役人申立も可有之候左候得者立身之
 筋ニ茂可相成儀も可有之哉其外差当候儀者
 
  (改頁)
 
 委細御書付ニ有之候間御ヶ条之趣急度相守
 可致精勤候尤兼々被仰出候御法度之博奕
 賭等之儀決而致無用ニ過酒等之儀堅ク相慎
 可申候且又所用在町在江罷越候も用事弁
 候者早々可罷帰候用向ニ而組内江罷越候時分
 茂亭主留守之節者早々罷帰可申候譬隣
 家ニ而も無刀ニ而罷越儀無用ニ候其余者勿論
 之事候重キも軽キも忠孝冥加を相弁不
 
 
      [画像11~15](翻刻)