京都女子大学/京都女子大学図書館所蔵 淀藩士上月家文書

大儀院様御代被仰出書集 壱
画像番号一覧 表示/非表示
      [画像66~70](翻刻)
 
<翻 刻>
 
画像画像 71
 停止之候、老親等有之面々者
 格別ニ候之間、何ニ而も軽キ品
 一色可致持参候、其外諸親類
 如何様之好身之者ニ而茂堅為
 無用候、若餞別土産物も有之、後
 日ニ相聞候ハヽ可為越度事、
右之趣急度可相守、此節上下共
至而不手廻之事ニ候間、弥倹約
厳重ニ可相守儀尤ニ候、若違
背之者於有之ハ、無用捨取斗
可申付者也、
 二月
 
右之通読聞せ相済而、左之通
 
  (改頁)
 
 
  覚
一御道中御人少候得者、面々勤前
 兼而心を尽し、 御為ニ宜様ニ相
 勤可被申候、尤其筋/\之御役人
 無油断可申達候、委細御目付方へも
 被 仰含置候、
  但、勤前間抜候様子、或ハ不心付様
  相見候者、相互ニ為知合候而、
  御外聞不欠様ニ可被致候、勤前之
  品ニ而無之とて不心付候之義
  を差扣被居候か、又者為参合
  候節請不宜者有之候ハヽ、寄々
  御目付江御申聞可被置候、
一御入用ニ懸り候儀者可罷成筋者、
 
 
画像画像 72
 少宛茂相減候様ニ可被致候、
一御泊御休之駅ニ而、若火事等有
 之候ハヽ、御立候心得ニ而、夫々早速
 御本陣江可被相揃候、
  但、才領之者ハ馬人足相集、御
  荷物無滞様ニ可心掛候、
一暑気之節ニ候得者、給物等損シ
 候之間、人々致用心不相(傷カ)場様ニ保
 養を加、御人数少之義ニ候得者、丈夫ニ
 無懈怠様被相勤候儀、肝要ニ候、尤
 病気痛等少々之事ニても時分
 柄不相募様、早速御医師江可被
 相願候
  但、無拠被引込候ハヽ、御定之通神文者
 
  (改頁)
 
  勿論、(誰カ)唯へ療法相頼候之由可被相
  届候、
一船場川越之義、御舟割御役人江具ニ
 被仰含置候故、申談可在之候、於舟場
 川越場、其役筋之者之外高声
 等不仕、作法能様ニ下人共江茂
 急度御申付可有之候、
一於途中御胴勢之内、不依軽重病
 人等有之候ハヽ、可然取斗可罷
 通候、尤勤前不欠様可被致候、
一下宿之儀たとへ不相応ニ候共、
 一夜斗之儀ふせり被致可然候、然共
 役前ニ相障り候儀者重而之
 心得ニも候間、江戸御着以後、
 
 
画像画像 73
 御宿割江可咄置候様可被致候、
一御足軽・中間・又者等足損シ、
 若馬ニ乗候共、諸士之乗掛ニ不相交候
 様ニ引下り罷越候様可被申付候、夫共
 急用等ニ而乗ぬけ候共、諸士之前
 ニ而致下馬可罷通候、
一於淀相達召連候者之外、たとへ
 親類成共道中ゟ猥ニ召連候儀
 可被致無用候、
  以上
  二月
元文二己年四月十五日
           御小性頭
           御者頭
 
  (改頁)
 
只今迄 御参府 御帰城之節、
御道中具足櫃為持来候得共、
向後為持候ニ不及旨被 仰出候、具
足櫃持せ宜節者、御差図可有之候、
右之通、壱人宛御用部屋江召呼申渡候、
 
元文二己年五月二日
一左之通御番勤之面々江被 仰出之、
   覚
一当所御往来之御方々様在之節、
 別段ニ被仰付、御会釈被指出候面々、
 其外其日切ニ相済候勤共、前広ニ
 御番引来候得共、向後者右之類之
 勤筋ニ御番引候之儀、致間敷旨
 被仰出候、已上、
 
 
画像画像 74
  五月
   覚
一江戸一年詰
  発足前五日御番引、帰着
  後廿日休
一同半年詰
  発足前五日御番引、帰着後
  十五日休
一京詰
  発足前御番引ニ不及、帰後
  五日休
右之通、向後可被相心得旨被仰出候、
此外不時之御用ニ而旅懸之勤立帰之類ハ、
准(ママ)随宜時可致差図候、以上
  五月
 
  (改頁)
 
元文二己年八月廿一日
一左之面々江、今日於御用部屋相渡候
書付、左ニ記
             寄合支配人
             御旗奉行
             御小性頭
             御者頭
             御持長柄奉行
             御勘定奉行
             町奉行
             御留守居
             御舟奉行
             御目付
   覚
一寄合以下之面々衣服并
 
 
画像画像 75
 刀脇差拵、惣而身持分限不相
 応ニ有之者之事
一家財雑具ニ至迄、常々無
 用之器物を好、何事ニ
 よらす物数寄ケ間敷在之
 者之事、
一居宅之躰、朝夕之食事、妻
 子之暮シ方、分限不相応之者
 之事
右之類者勿論、志におゐて奢ケ
間敷様子在之者候ハヽ、早速可被
申聞候、以上、
 
元文二己年十二月廿六日
一諸御役人大書院へ召集、江戸ゟ
 
  (改頁)
 
 来候被 仰出申渡之、役筋ニ依而
 左之通書付相渡之、
  先達而追々被仰出候御倹約
  之筋、惣御役人申合、全無油
  断精力を尽相勤、無拠存候
  様子思召候、然者御勝手向
  御入用、享保金百両之働、
  文金百両を以埋合候様
  被仰付置候処、今年者
  御入増相見江候、其上諸色と
  米穀(直カ)相段違、旁を以御暮
  方御操合及かね候積
  ニ候、何レ之御役所ニ而茂取斗方
  作略之所、只今之上御知下
  可被成筋無之程ニ者思召候へ共、
 
 
      [画像76~80](翻刻)