賀茂県主同族会(上賀茂神社)/賀茂祢宜神主系図ほか

足汰競馬会雑記

2.『足汰競馬会雑記』[翻刻]

原本(0034)へ


同年五日雨天
  五日乗尻
一番雅楽大夫季忠本田美濃守殿馬
代伊予介元清
下野清崎梅ノ三四郎
二番左京之進大夫季筠同藤左衛門
代浄衣宮内之介大夫當顕
伊賀守誠平池ノ音市


原本(0035)へ


代加賀介起清
三番 他五郎大夫 義清 同音九郎
尾張封顕梅ノ羽右衛門
代甲斐介季方
四番美作守保一岡ノ八蔵
内蔵之進大夫貞清梅ノ次郎吉
代土佐介清村
五番美作介是保同四郎兵衛
綱太郎大夫清遂同権兵衛
代肥前介恭保
六番近江介季矩岡ノ清五郎
岩尾大夫希顕池ノ磯吉
七番主税之介大夫方清山田卯之助
代大和介保右
式部大夫保甫梅ノ庄次郎
代浄衣徳次郎大夫伯清
八番石見守可清梅ノ源之丞
民部大夫季徳同音松
代申吉郎大夫顕之
九番上總介経福池ノ惣兵衛
出羽守季言三ノ又三郎
十番熊千代大夫氏彰三ノ又四郎
越中介季納藤之棚


原本(0036)へ


階下扶持
正四位下経啓定清後見左方重誠保房
扶持
正四位下清堅成城右方清康清済
西手西 代季賢勤
肝煎重教致清階下使氏生顕之
季尚季行保賢保邦


 
一 當年臨時名代衆分乗馬。
一 一番右乗尻下野清崎儀者非乗馬故、名代無之ニ付、無足伊豫介
  元清當日十九人江相談之処、各承知被致候ニ付乗馬之事。
  但元清、昨冬十一月仕替田被致ニ付、無足ニハ相違無之候得共、其辺も有之候欤。

原本(0037)へ


一 九番左上総介経福庁屋江出仕、献等も相済手水前ニ余程之
  大病迄も乗馬難叶、乗尻色々僉議有之候得共、何分
  御神事遅刻ニ相成候而ハ恐入候ニ付、誰成共御神事向心
  得之人、且馬等も達者成人御兼頼可然与一決。時ニ申吉郎大夫
  顕之階下使出役之処、御兼頼ニ付、直ニ先褌着湯屋ニ而掛リ湯。尤
  結取直様庁屋に行向乗馬之事(但年齢二十八歳。近来珍敷例ニ付、委敷仰置者也)。
一 五番右綱太郎大夫清遂頓宮之前ニ而余程之落馬故負也。
  但清遂落馬ニ付、此儀所司代之差図ニ而中座。体之者

原本(0038)へ


  右方階下幄之方江来テ名前・町所・年齢杯ヲ委敷相尋候。
  処、後見より其儀ハ惣桟敷与申所可行向旨被及返答候故退ク。
  御神事等も相済、又ハ清遂宅に中座、弐人行向容体之
  儀何如哉与相尋、目附方より之指図由也トソ。實ハ所司代より之
  見舞ト云々珍敷事故仰出候。
 
一 二番左季(竹ニ等)止口ニ而落馬。
一 所司代(一日不参、五日)本田美濃守御出。奉幣拝見。大番改稲葉兵部少輔地役
  不残見に候也。