賀茂県主同族会(上賀茂神社)/賀茂祢宜神主系図ほか

足汰競馬会雑記

2.『足汰競馬会雑記』[翻刻]

原本(0024)へ


同年 五日乗尻
代助彦大夫季春
一番宮内大夫季昌脇坂殿御馬 遅足
紀伊守保職梅三四郎


原本(0025)へ


代浄衣冨次郎大夫顕聰
二番大膳之介大夫永季中ノ丑之助
代伯耆介海氏
大隅介萬直三ノ又三郎
三番隼人大夫年顕池ノ音市
代伊予介元清
音三郎大夫経興川ノ辰五郎
四番薩摩介継季岡ノ八蔵
代岩尾大夫希(マレ)顕
丹後介清隆三ノ又四郎
五番尾張封顕岡ノ清五郎
代熊千代大夫氏彰
出羽介全清中ノ彦四郎
代要之介大夫清村
六番守一大夫俊氏池ノ音九郎
代二番右代伯耆介海氏
美濃守重正梅ノ羽右衛門
代大隅詣顕
七番近江介季矩池ノ捨松
主税之介大夫起清梅ノ喜三郎
八番式部大夫保甫梅ノ音松
代浄衣右京之進大夫清永
石見守可清同権兵衛
頓宮傳奏桟敷間ニ而落馬
九番大和介保右同四郎兵衛
代五番右代熊千代大夫氏彰
信濃介季健池ノ磯吉
代二番左代冨次郎大夫顕聰
十番遠江介整顕池ノ源次郎
越前介季言同惣兵衛


原本(0026)へ


階下正四位下扶持後見
経福季都清康太氏
正四位下扶持後見
保皆保章保一重誠


 
一 六番左重正・九番右季健・十番左哲顕、三人埒下リ臨時所労ニ而
  名代相立。馳終テ所労全快之由、六番左時九番右勝、十番左時三十三人
  庁屋に行神供頂戴。近比余リ珍敷故仰置候事。
一 朔日・五日両日共所司代不参。且後日惣老若有之此以後右様之自由ヶ
  間敷儀一切相止候事。
  安政四丁巳年 朔日 雨天四ツ半比より晴