賀茂県主同族会(上賀茂神社)/賀茂祢宜神主系図ほか

足汰競馬会雑記

2.『足汰競馬会雑記』[翻刻]

原本(0015)へ


嘉永七年 牛刻迄夕立ハ半迄晴   五日乗尻
代采女大夫成久
一番因幡介昆顕脇坂殿御馬遅足
伊勢守季盛梅ノ三四郎
二番隼人大夫年顕中ノ音吉
浄衣代富次郎大夫顕總
佐渡介成麗梅四郎兵衛
三番駿河介経泰池ノ惣兵衛
代左京之介大夫保身
能登守保逞岡ノ八蔵
四番出雲守季康三ノ又四郎
代内蔵之進大夫貞清
出羽介全清梅ノ源之丞
浄衣代順吉大夫信直
五番備前介保皆八幡枝尭太郎
代越前介季言
美濃守重正梅庄金
代大隅詣顕
六番近江介季矩岡清五郎
主税之介大夫起清池亀吉
代甲斐介季方
七番摂津守秋直梅三右衛門
浄衣代富次郎大夫顕聰
式部大夫保甫梅ノ音松
八番安芸介顕行三ノ又三郎
大和介保右三ノ庄三


原本(0016)へ


九番上總介経福池ノ音市
筑後守顕純南丑之助
十番肥前守光経南藤五郎
播磨介陳季池ノ磯吉
階下正四位下季徳 扶持 季通
従五位上顕美 扶持 顕男


 
一 朔日所司代季治、後見顕純・成麗。
一 五日後見左方清康・清崎、右方保一・清得。
一 七番右式部大夫保甫馬場表乗下聖神寺ニ而臨時所労ニ而

原本(0017)へ


  六番右之名代浄衣冨次郎大夫顕聰名代乗馬之事。
一 九番・十番之番及夕方候。御神事被急候間、小振無
  之事。
一 階下大皷社頭返脚参候処、御所屋前切芝小口ニ而雑色
  大皷ヲトシ楽ミジンニ成、先其侭社頭ヘ預相済候。事
  済切酉剋比。但シ楽ハ社中ニ而修覆ニ相成候事。
 
嘉永七寅年十一月廿七日
改元安政