賀茂県主同族会(上賀茂神社)/賀茂祢宜神主系図ほか

足汰競馬会雑記

2.『足汰競馬会雑記』[翻刻]

原本(0012)へ


嘉永七寅年 晴天  五月朔日乗尻
五日臨時鹿毛ニ替ル東御奉行岡部備後守馬
倭文御庄上々黒鹿毛往久石見守可清
金津御庄上々鹿毛米乙大夫季潔梅ノ三四郎
代宮内之介當顕
安志御庄葦毛季快右近大夫清崎池ノ音市
土田御庄中下鹿毛保文富次郎大夫顕聰岡ノ清五郎
代豊五郎大夫保必保必
福田御庄鹿毛清基修理之丞大夫清伸南藤五郎
代源大夫重直
脛長御庄中下鹿毛董季近江介季矩池ノ亀吉
代順吉大夫信直
舟木御庄中下黒鹿毛保暁雅楽大夫季忠梅三右衛門
宮川御庄下上河原毛重武上総介経福南丑之助
淡路御庄鹿毛志直左近大夫保茂池ノ惣兵衛


原本(0013)へ


出雲御庄鹿毛清緒采女大夫成久岡ノ八蔵
竹原御庄中上鹿毛宏顕延次郎大夫厚直中ノ音吉
代周彦大夫重季
正祢宜黒鹿毛政久伊織大夫経勝三ノ又四郎
正 祝河原毛重名伸乙大夫价保梅源之丞
権祢宜中下雲雀毛右久寅次郎大夫季高同音松
権 祝中下黒鹿毛光久吉次郎大夫季愛三ノ又三郎
片岡祢宜中上鹿毛保盛徳次郎大夫伯清梅ノ四郎兵衛
片岡祝鹿毛静平雄次郎大夫一保八幡枝尭太郎
貴布祢々宜鹿毛命久宮内大夫季昌梅庄金
五日臨時葦毛替ル代権之介大夫順保
貴布祢祝下々雲雀毛康久伯耆介海氏池ノ磯吉
代久米三郎大夫季繁
新宮祢宜中下鹿毛學季亥四乙大夫保徒三ノ庄三


原本(0014)へ


一 倭文御庄馬脇坂淡路守殿被ヨリ出候処、有産穢ニ付東奉行岡部備後守殿・
  西奉行浅野中務少輔殿両奉行ヨリ被出候。駈馬ハ岡部備後守馬也。
一 五日ニハ脇坂淡路守殿ヨリ被出候事。
一 貴布祢祝伯耆介海氏名代権之介大夫順保素駈之時、出口ニ而落馬
  有之。乗直シ駈終而下〃十、又番之時止メ口ニ而落馬有之。馬行方
  不知、及夕方候ニ付タスキ乗困為見等、余ノ馬ニ而相済病馬之取斗也。
  此馬止メ口ヨリ御生所通、夫ヨリ小丸山之麓ヲ通、小池ヲ渡。夫ヨリ新
  原通青苔ヲ歩コシナタヾヲ通、夫ヨリ二軒茶屋此手前之辺ニ
  タオレ居。此馬子細有之由也。