賀茂県主同族会(上賀茂神社)/賀茂祢宜神主系図ほか

足汰競馬会雑記

1.『足汰競馬会雑記』解説

足汰競馬会雑記


『足汰競馬会雑記(あしぞろえくらべうまえざっき)』 馬の博物館所蔵
 
 『足汰競馬会雑記』(以下『雑記』)は、賀茂別雷神社(上賀茂神社)で毎年五月一日および五月五日に催行される足汰式,賀茂競馬のうち、嘉永六年(1853)~文久二年(1862)の十年間の乗尻(騎手)および所役の名前をまとめたもので、その間に生じた事件についての記載も記されている。
 
 『雑記』の五月一日には、庄園もしくは社職名、評価、毛色、馬所、乗尻(名乗と諱(名前))、馬の供出者(「何ノ某」の「何」は町名の頭一字を略したもの)が記され、五月五日には番、左右の別、勝負の結果(「持」は引き分け)、乗尻(名乗と諱(名前))を示す。