近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

『湖畔の声』

昭和12年 (1937)

昭和12年5月号

目録を見る
生命をかけて(巻頭言)(湖畔日月)  吉田悦蔵 / 著
小事も侮らず  ヴォーリズ / 著
現代文化と基督教  熊野義孝 / 著
隠れたるに見給ふ神(説教)  内炭政三 / 著
明けゆく湖(その三)(小説)  西村関一 / 著
聖画解説―フェデリゴバロツキ作『ペテロとアンデレの召命』  
近江と古歌  川田順 / 著
奥野昌綱先生略伝並歌集  松本宗吉 / 著
第七十議会のあと(政界時評)  田川大吉郎 / 著
樹の歌(詩)  齋藤潔 / 著
近江兄弟社参観記(ヴオ―リズ建築事務所の巻)  永見三郎 / 著
酒とたばことクリスチヤン生活  吉田悦蔵 / 談
耶蘇の其日ぐらし(二十四)楠正成とキリスト―復活を坐り処として(その一)―  浦口文治 / 著
近江商人ものがたり (1) 質素で豪胆な丁吟さん・小林吟右衛門の巻  近松文三郎 / 著
東莱農園を観る  庄司憲太郎 / 著
基督教文学瞥見 (4) ゴウルドスミス著「ウエイクフイールドの牧師」(その一)  大屋篤 / 著
日本に於ける兄弟社的運動(二)南部町の紀南セツツルメント  高橋虔 / 著
問と答  吉田悦蔵 / 解答
日本神社史考 (11) 穢れの思想(承前)  沖野岩三郎 / 著
ルツ記(旧約聖書研究)  高橋虔 / 著
近況録  
編集室より