近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

『湖畔の声』

昭和11年 (1936)

昭和11年10月号

目録を見る
アメリカの雑誌から(湖畔日月)  吉田悦蔵 / 著
朝の祈・夕の祈  
野の百合とソロモンの栄華(説教)  内炭政三 / 著
沈みし寺(詩)  齋藤潔 / 著
時評  田川大吉郎 / 著
読書に就て  カール・ヒルティ / 著 内炭政三 / 訳
現代の代表的基督者(四)カール・バルト  原田信夫 / 著
現代日本の社会情勢と基督教  杉山元治郎 / 著
東海道自動車行―東海道ガタ栗毛フオード三日旅の記(其一)  吉田悦蔵 / 著
存在論と終末論(思想界の動向)  濱田与助 / 著
神社の設備  沖野岩三郎 / 著
基督教信仰の歌評釈(二)  松本宗吉 / 著
秋に咲く花のいろいろ  嵯峨野寛 / 著
郷土史話(二)最近近江に来た基督教のことども  近松文三郎 / 著
東洋の大使徒フランシス・ザヴィエル(五)  大屋篤 / 著
キリスト教講座(第七回)祈祷に就て  平賀徳造 / 著
新刊紹介  
月光を浴びて(短歌)  松本宗吉 / 著
問と答(質問欄)職業と信仰生活  吉田悦蔵 / 解答
近況録  
編集室より