近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

『湖畔の声』

昭和10年 (1935)

昭和10年2月号

目録を見る
愛の復活  浦口文治 / 著
キリスト教真理の解釈  熊野義孝 / 著
ソロモン歌集選(雅歌第二章)―乙女の心(旧約聖書雅歌試訳)  小辻節三 / 訳
教会の廓清(新約聖書コリント前書の註解)  日野眞澄 / 著
福音紙芝居と私  今井よね / 著
仏教と日本人  沖野岩三郎 / 著
近江サナトリアムの歌(並に曲)  吉田悦蔵 / 作
時評  田川大吉郎 / 著
聖画解説―デユーラー作『放蕩息子』  水野恭二 / 著
弱者の友石井十次(紙芝居)  今井よね / 著 平沢定治 / 画
宗教を生活する者  吉田悦蔵 / 著
蒼穹の眸(第二回)(長編小説)  横山美智子 / 著
近江兄弟社の若人に与ふ  吉田悦蔵 / 著
梅の花(和歌十首)  西内天行 / 著
信仰偉人三人―波多野鶴吉氏・本間俊平氏・ヴオーリズ氏  高橋卯三郎 / 著
近江兄弟社ニユース(近況録)  
編集室より  
新刊紹介  
八幡町の皆様へ(来朝三十年に際して)  メレル・ヴォーリズ / 著