近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

『湖畔の声』

昭和9年 (1934)

昭和9年10月号

目録を見る
湖畔にうたふ  津川主一 / 著
日本音楽のために  藤山一雄 / 著
日本基督教文学史(一)序記・明治初期  齋藤潔 / 著
時評  田川大吉郎 / 著
マルコの伝へたイエス―十二人の特別教育  吉田悦蔵 / 訳
協同社会実験所  ミヤケ・イワオ / 著
東北への旅(自叙伝)  高橋卯三郎 / 著
キリストのため愚となれるパウロ(聖書研究)  日野眞澄 / 著
不安の文学者ジイドに聴く  志賀惟人 / 著
ジヤーナリズムの波にのるもの  吉田悦蔵 / 著
新しい女中(随筆)  村岡花子 / 著
近江サナトリアムの朝夕  渡邊稔 / 詞 栗本清次 / 画
どんな場合でも自殺は罪悪か?(質問欄)  
日の輝くところ(十)(連載小説)  沖野岩三郎 / 著
近況録(近江兄弟社)  
漫画 教会前の床屋さん (10)  澤本猛彦 / 著
愛はあたふ  
編集室より  
虫の音(湖声歌壇)  錦織久良子 / 選