近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

『湖畔の声』

昭和8年 (1933)

昭和8年11月号

目録を見る
ドイツの連盟脱退  赤松祐之 / 著
金融心理と宗教  賀川豊彦 / 著
マルコ伝へたイエス  吉田悦蔵 / 著
モダン・ノアの方舟 火星を暴く  山本一清 / 著
樺太行  吉田悦蔵 / 著
愚なる者  橋本正三 / 著
響け湖畔の声(講壇)  賀川豊彦 / 著
メンソレータム日記編集物語  
人絹身の上ばなし  福地良二 / 著
北海に学ぶ(旅日記断片)  吉田悦蔵 / 著 平澤定治 / 絵
児童の虐待  河邊爬行 / 著
神観の新傾向  熊野義孝 / 著
ボロ哲学―調子の合つた心(随筆)  長谷川初音 / 著
独立伝道へ  高橋卯三郎 / 著
輝きの秋(湖声歌壇)  錦織久良子 / 選
人間の脳味噌  
私有財産の制限  
一杯食はされたヒツトラー  
近況録  
養老院行き覚悟の人  
マリオネツトに就て  
編集後記  
生徒の日記を読みて  檜山嘉蔵 / 著
貧乏志願運動  レスター女史 / 著
時評  XYZ / 著
嫌ひの心の解消(信仰問答)