近江八幡市/近江八幡市歴史浪漫デジタルアーカイブ

『湖畔の声』

昭和5年 (1930)

昭和5年5月号

目録を見る
湖畔日月―力のはいる道  吉田生 / 著
友のいのり  佐藤安太郎 / 著
暗示の数々  村田幸一郎 / 著
使徒行伝解釈(二十六)ヘロデ王の末路  高橋卯三郎 / 著
都会人と農村人(一)  竹中勝男 / 著
デビツド・ブレイナアド信仰日誌(二)  黒田四郎 / 訳
吾家の生活(二十四)不断の向上  ヴォーリズ / 著 勝手寺 / 訳
新農村の建設「副業施設に就て」  杉山元治郎 / 著
近江をめぐりて(歌)  道籏泰誠 / 著
社会的基督教の提唱―クロポトキンの話―  清水安三 / 著
農村伝道者オベリン  宮家磐夫 / 著
人工気胸術とはどんなものか  清野博 / 著
旅から旅へ(上海より満鮮へ)  吉田生 / 著
近況録  
信楽伝道  
同志諸君―孝道の完成者としてのイエス  ミヤケ・イワオ / 著