伊賀市/デジタルミュージアム 秘蔵の国 伊賀

伊賀流忍者

万川集海

原本の画像を見る


  久ノ一之術之事
 一久ノ一之術ト云ハ、三字ヲ、一字トシタル
  者ヲ、忍ヒニ入ルヲ云ナリ、タチカラハ入
  リカタク思フ時、此術ヲ可用事
  凡ソ、くノ一ハ、其心姦ク拙ニシテ智モ口モ

原本の画像を見る


  浅キモノナレハ、喩エハ●○○二ツ●●●●〇●●
  ●●●ニテモ、不見届者ハ無用ナリ、況ヤ、其
  余ヲヤ、若シ、見届タルモノアラハ、誓紙ヲ
  堅クサセ、能々、相図約束ヲ云ヒ聴セ、其後
  宜キ方便ヲ以テ、敵ノ奥方へ遣ハシ、或ハ、
  其従者―――ニナリトモ、事ヘヲ望ム時ハ、
  成ズト云事ナシ
 一隠簑之術ヲ以テ可入事
  言ハ、彼くノ一ト、相図ヲナシテノ上ナリ、く
 
  ノ一、奥方ヘ云ヘキハ、宿ニ預ケ置タル木
  櫃ヲ、取寄申度ト、浅々ト云ハ、此者陰謀ア
  ラントハ、智謀、世ニ勝レタル、勇士ニテモ、
  不思理ナリ、益シテ、奥方ヲヤ、故ニ、必ス其
  事ヲ許スモノ也、其時門々ノ番者ヘ、始ヨリ、
  能理ハリヲ云置テ、彼木櫃ヲ入ルゝ時ニ、
  其中ヘ入リ行ヘキナリ、但シ、木櫃ハ、二重
  底ニシ、上ニハ衣類ヲ入テ、下ノ重キモナ
  リ、二人シテ荷フヤウニスル、

原本の画像を見る


  孫子曰、始処女後如脱兎、敵不及拒ト云
  此意ニ似タリ
  右、隠簑ノ術ハ、敵方ニ、我ヲ見知リタル者
  多クシテ、別ノ方便難成時ノ謀計也、極々
  秘傳ナリ、口傳、右之術ヲ能用ヒテ忍フ時
  ハ、番厳キ名城ニテモ、不忍入ト云事ナシ、