浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

中村與資平関連資料

『営業経歴』

 當工務所は創設以來、主として建築設計並に監督に從事致してをりましたが、感ずるところがありまして、大正六年より工事請負部をも開始致しました。工事部に於きましても常に設計監督者の心持ちを良く理解して誠心誠意施工致しまするために、日增に順調なる發展に向つてをります。
 設計工事兩部共に專門技師の擔任により斯界の革新を期する覺悟であります。

明治四十二年七月十一日朝鮮銀行本店新築工事の定礎式擧行の節、
伊藤博文公執られたる銀鏝


同行柱石に執筆されたる定礎なる文字の原本を私のために特に賜はりたるもの


工事落成により同行より贈られたる金盃


[回遊行程]

 
[各作品の写真一覧]