浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

合併旧町村史

浜松市 合併町村史

水窪町史 下

水窪町史 下『水窪町史 下』

 水窪町 昭和五十八年



 
  【Ⅳ】  【Ⅴ】  【Ⅵ】  【Ⅶ】  【Ⅷ】  【年表】
 


目次■■ ページ  画像 
Ⅳ 産業経済■■■■■■
■■一 生活の展開■■
■■■■(一)生活の交流■■
■■■■■■1 市が立つ■■
■■■■■■2 生活の拡大■■
■■■■■■3 農間渡世■■
■■■■(二)職業と人口■■
■■■■■■1 戸数と人口■■
■■■■■■2 職業別人口■■
■■二 農業■■
■■■■(一)変遷■■
■■■■■■1 焼畑と暮らし■■
■■■■■■2 田畑と暮らし■■一〇
■■■■■■3 新田畑開発の努力■■十四
■■■■■■4 川との闘い■■十四
■■■■■■5 飢饉と備蓄■■十六
■■■■■■6 夫食■■十八
■■■■(二)養蚕業■■十九
■■■■■■1 養蚕業の展開■■十九
■■■■■■2 桑園■■二二
■■■■■■3 座繰製糸■■二二
■■■■■■4 製糸工場■■二四
■■■■■■5 絹織物■■二六
■■■■■■6 蚕具■■二七
■■■■(三)茶業■■二八
■■■■■■1 茶業の展開■■二八
■■■■(四)楮■■三一
■■■■(五)普通作物■■三二
■■■■■■1 米■■三二
■■■■■■2 麦■■三三
■■■■■■3 アワ・ヒエ・ソバ・小豆・大豆■■三四
■■■■■■4 トウモロコシ■■三五
■■■■■■5 バレイショ■■三六
■■■■■■6 サツマイモ■■三七
■■■■■■7 コンニャク■■三八
■■■■■■8 蔬菜類■■三九
■■■■■■9 特殊作物■■三九
■■■■(六)果樹■■四〇
■■■■■■1 カキ■■四〇
■■■■■■2 クリ■■四一
■■■■■■3 梅■■四二
■■■■■■4 その他の果樹■■四二
■■■■(七)農具の変遷■■四三
■■■■■■1 農耕具■■四三
■■■■■■2 脱穀機■■四四
■■■■■■3 選別機■■四四
■■■■■■4 製粉・精米機■■四五
■■■■■■5 貯蔵具■■四六
■■三 林業■■四九
■■■■(一)御林■■四九
■■■■■■1 御林■■四九
■■■■■■2 御林の蓄積■■五〇
■■■■■■3 御林の見分■■五一
■■■■■■4 御林が山住神社の御修復料に■■五一
■■■■■■5 御林を民間人にも活用■■五二
■■■■(二)山住神社の造林■■五五
■■■■(三)入会■■五六
■■■■(四)百姓林■■五七
■■■■(五)全国最初といわれる門桁山官林の伐採■■五九
■■■■(六)水窪営林署の歩み■■六〇
■■■■(七)水窪町森林組合■■六三
■■■■(八)林産物■■六七
■■■■■■1 シイタケ■■六七
■■■■■■2 ウルシ■■七一
■■■■■■3 木炭■■七二
■■四 畜産業■■七五
■■■■(一)馬■■七五
■■■■(二)牛■■七六
■■■■(三)豚■■七八
■■■■(四)養鶏■■七九
■■■■(五)その他の家畜■■七九
■■■■(六)養蜂■■八〇
■■■■(七)屠場■■八〇
■■五 鉱業■■八二
■■■■(一)地下資源■■八二
■■六 商工業■■八六
■■■■(一)江戸時代の商工業■■八六
■■■■■■1 酒造屋■■八七
■■■■■■2 糀屋■■八八
■■■■■■3 大工■■八八
■■■■■■4 桶屋■■八九
■■■■■■5 鍛冶■■八九
■■■■■■6 紙すき■■八九
■■■■(二)会社工場■■九〇
■■■■■■1 合名会社水窪蚕業館■■九一
■■■■■■2 水窪蚕業株式会社■■九一
■■■■■■3 奥山電燈株式会社■■九一
■■■■■■4 北遠金共運送株式会社支店■■九三
■■■■■■5 製材工場■■九三
■■■■■■6 木工工場■■九四
■■■■■■7 水窪粘土工業合資会社■■九五
■■■■■■8 会社工場の誘致及び進出■■九五
■■■■(三)江戸時代の経済■■九八
■■■■■■1 年貢■■九八
■■■■■■2 質屋■■九八
■■■■■■3 講■■九九
■■■■■■4 天保の触書■■一〇〇
■■■■■■5 長尾の幸吉■■一〇二
■■七 産業組合等■■一〇三
■■■■■■1 奥山村農会■■一〇三
■■■■■■2 有限責任奥山興農購買組合■■一〇七
■■■■■■3 有限責任水窪販売組合■■一〇七
■■■■■■4 農業会■■一〇九
■■■■■■5 北遠農業協同組合水窪支所■■一〇九
■■■■■■6 水窪町商工会■■一一〇
■■八 金融■■一一二
■■■■■■1 北遠社■■一一二
■■■■■■2 郵便局■■一一三
■■■■■■3 磐田銀行出張所から静銀水窪支店へ■■一一三
■■■■■■4 商業合資会社■■一一三
■■■■■■5 光明銀行水窪支店■■一一四
■■■■■■6 遠江銀行西渡支店水窪出張所■■一一四
■■■■■■7 有限責任奥山甲寅信用組合■■一一四
■■■■■■8 北遠農業協同組合水窪支所■■一一四
■■■■■■9 磐田信用金庫水窪支店■■一一四
  
Ⅴ 交通運輸・通信■■■■■■
■■一 交通運輸■■一一七
■■■■(一)水窪の昔の道■■一一七
■■■■■■1 信州街道■■一一七
■■■■■■2 往来手形■■一二七
■■■■■■3 水窪から南への道■■一二八
■■■■■■■■(1)秋葉街道 (2)水窪から城西へ (3)水窪から中泉代官所への道
(4)天竜川通船 (5)西渡からの定期客船
■■■■■■
■■■■(二)三州街道■■一四〇
■■■■■■1 三州街道■■一四〇
■■■■■■2 山住杉檜苗木の運ばれた道■■一四〇
■■■■■■3 厳しかった女人の旅■■一四一
■■■■■■4 狼に食われた旅人■■一四三
■■■■(三)道路の開設■■一四四
■■■■■■1 明治・大正時代の道路■■一四六
■■■■■■2 現在の道路■■一四七
■■■■(四)馬、駄賃しょい、荷車から自動車時代へ■■一五八
■■■■(五)終戦と交通運輸の復興■■一六二
■■■■(六)国鉄飯田線■■一六四
■■二 通信■■一六八
■■■■(一)通信の歴史■■一六八
■■■■(二)水窪郵便局■■一七一
■■■■(三)水窪電報電話局■■一七四
■■■■(四)有線放送と同報無線■■一七七
■■■■(五)サイレン■■一七九
  
Ⅵ 教育文化■■■■■■
■■一 水窪の教育のあけぼの■■一八三
■■二 日本の学制の始め■■一八五
■■三 寺子屋教育■■一八六
■■■■(一)寺子屋教育の始まりと普及■■一八六
■■■■(二)厳しかった寺子屋教育■■一八七
■■■■(三)水窪の寺子屋教育■■一八八
■■四 近代教育の成立■■一九二
■■■■(一)学制頒布■■一九二
■■■■(二)被仰出書■■一九二
■■■■(三)学制■■一九四
■■■■(四)大・中・小学区と水窪小学校■■一九四
■■■■(五)小学校の区分■■一九五
■■■■(六)小学教則■■一九七
■■■■(七)教育委員会■■一九九
■■五 学校教育(小学校)■■二〇一
■■■■(一)水窪小学校の創設と歩み■■二〇一
■■■■■■1 明治時代■■二〇一
■■■■■■2 大正時代■■二四〇
■■■■■■3 昭和時代■■二四六
■■■■■■■■(1)終戦まで (2)終戦から現代まで■■■■■■
■■■■(二)西浦小学校■■二七二
■■■■(三)門桁小学校■■二七八
■■■■(四)門谷分校■■二八五
■■■■(五)草木分校■■二八八
■■■■(六)大嵐分校■■二九三
■■■■(七)有本分校■■二九七
■■■■(八)大地分校■■三〇二
■■■■(九)大野分校■■三〇八
■■■■(十)河内浦分校■■三一一
■■■■(十一)地頭方学校■■三一五
■■■■(十二)小畑分校■■三二二
■■■■(十三)竜戸分校■■三二四
■■■■(十四)長尾分校■■三二四
■■■■(十五)畑梨・夏焼家庭教授所■■三二五
■■六 学校教育(中学校)■■三三一
■■■■(一)水窪町立水窪中学校の創立と歩み■■三三一
■■■■(二)中学校寄宿舎■■三四八
■■■■(三)西浦分校■■三五八
■■■■(四)渡元分校■■三六〇
■■■■(五)大地分校■■三六四
■■■■(六)門桁分校■■三六六
■■七 学校教育(高等学校)■■三六九
■■■■(一)静岡県立二俣高等学校水窪分校■■三六九
■■■■(二)組合立佐久間高等学校開設■■三七〇
■■■■(三)静岡県立佐久間高等学校水窪分校■■三七〇
■■八 実業補習学校■■三七二
■■■■(一)奥山農林商業補習学校■■三七二
■■■■(二)奥山実業補習学校■■三七五
■■■■(三)奥山女子技芸学校■■三七六
■■■■(四)水窪農商実践学校■■三七七
■■九 青年訓練所■■三八〇
■■■■(一)水窪町水窪青年訓練所■■三八一
■■十 青年学校■■三八二
■■■■(一)水窪町立青年学校■■三八三
■■■■(二)水窪町・城西村組合立青年学校■■三八六
■■十一 幼稚園■■三八七
■■■■(一)水窪幼稚園■■三八七
■■十二 水窪の教育会の歩み■■三九四
■■■■(一)北遠教育会■■三九五
■■■■(二)青巒教育会■■三九六
■■■■(三)静岡県教職員組合磐周支部■■三九七
■■■■(四)第五班教育研究会■■三九九
■■十三 社会教育■■四〇一
■■■■(一)社会教育委員の設置■■四〇二
■■■■■■1 水窪町社会教育委員条例■■四〇二
■■■■■■2 委員の選出■■四〇二
■■■■(二)青年教育■■四〇四
■■■■■■1 青年学級■■四〇四
■■■■■■2 女子文化青年学級■■四〇五
■■■■■■3 パイオニア大学■■四〇六
■■■■■■4 青年団の組織化■■四〇六
■■■■(三)成人教育■■四一二
■■■■■■1 家庭教育学級■■四一三
■■■■■■2 婦人教育■■四一六
■■■■■■3 明治学級■■四一九
■■■■(四)少年教育■■四二一
■■■■■■1 ボーイスカウト■■四二一
■■■■■■2 町内子ども会■■四二二
■■■■■■3 親と子で築く明るい家庭運動■■四二三
■■■■■■4 少年教室■■四二四
■■■■(五)社会体育■■四二七
■■■■■■1 戦後の社会体育■■四二九
■■■■■■2 社会体育行事■■四三〇
■■■■■■3 社会体育施設■■四三三
■■■■■■4 体育指導委員■■四三三
■■■■■■5 水窪町体育協会■■四三五
■■■■(六)水窪町文化協会の発足■■四三七
■■十四 水窪町の文化財■■四四一
■■■■■■1 埋蔵文化財■■四四一
■■■■■■2 西浦の田楽■■四四一
■■■■■■3 染型紙■■四四五
■■■■■■4 藤布と織機(ハンバタゴ)■■四四五
■■■■■■5 山住神社のスギ■■四四六
■■■■■■6 イチイガシ(ブナ科)■■四四七
  
Ⅶ 宗教と信仰■■■■■■
■■一 概説■■四五一
■■二 徳川幕府の宗教政策■■四五三
■■■■(一)諸国寺院御掟■■四五三
■■■■(二)諸社禰宜神主法度■■四五四
■■■■(三)宗門御改帳■■四五五
■■■■(四)村送一札之事■■四五八
■■■■(五)信長、秀吉、家康のキリスト教政策■■四五九
■■三 水窪の檀家制度と寺社堂宇書上■■四六〇
■■■■(一)檀家制度■■四六〇
■■■■(二)寺社堂宇書上■■四六一
■■■■■■1 寺社庵地供養塚等書上■■四六一
■■■■■■2 領家村寺社堂書上■■四六四
■■■■■■3 領家村神社書上帳控■■四六七
■■四 明治維新から昭和二十年まで■■四七一
■■■■(一)神仏判然令■■四七二
■■■■(二)教導職■■四七三
■■■■(三)部落の諸社を山住神社に合祀■■四七三
■■■■(四)信教の自由■■四七四
■■■■(五)神社局と宗教局■■四七四
■■■■(六)僧侶の肉妻自由令■■四七五
■■■■(七)社寺の職制■■四七五
■■■■(八)社格及び寺格■■四七六
■■五 終戦と神社・寺院■■四七八
■■六 現存する神社・寺院■■四八一
■■■■(一)神社■■四八一
■■■■(二)薬師堂・観音堂■■五〇〇
■■■■(三)寺院■■五〇四
■■七 その他の宗教■■五〇九
■■■■(一)御岳教■■五〇九
■■■■(二)丸山教■■五〇九
■■■■(三)立正佼成会■■五一〇
■■■■(四)キリスト教■■五一〇
■■■■(五)創価学会■■五一一
■■■■(六)天理教■■五一一
■■■■(七)ほんみち■■五一二
  
Ⅷ 名勝と古跡■■■■■■
■■一 名勝■■五一五
■■■■(一)山住神社■■五一五
■■■■(二)切り通し峡■■五一八
■■■■(三)常光寺山■■五一九
■■■■(四)青崩峠■■五二〇
■■■■(五)山王峡■■五二二
■■■■(六)水窪ダムと自然クラブセンター■■五二三
■■■■(七)大嵐峡■■五二五
■■■■(八)池ノ平■■五二六
■■■■(九)広域林道天竜川線と大津峠■■五二七
■■■■(十)兵越峠■■五二八
■■二 古跡(遺跡)■■五三〇
■■■■(一)高根城址(久頭郷城址)■■五三〇
■■■■(二)桂山遺跡■■五三四
■■■■(三)宝平遺跡■■五三五
■■■■(四)月夜平遺跡■■五三五
■■■■(五)神原遺跡■■五三六
■■■■(六)向市場遺跡■■五三七
■■■■(七)上村遺跡■■五三八
■■三 その他■■五三九
■■■■(一)水窪石■■五三九
  
年表■■■■■■
■■一 時代区分表(概略)■■五四三
■■二 年表■■五四五
  
参考文献■■■■
あとがき■■■■
水窪町史編纂委員■■■■