浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

合併旧町村史

浜松市 合併町村史

春野町史 通史編下巻

春野町史 通史編 下巻『春野町史 通史編 下巻』

 春野町 平成十一年



 
  【第一編】   第一章  第二章  第三章  第四章  第五章
  【第二編】   第一章  第二章
   付録
 


目次■■ ページ  画像 
目次■■■■
口絵■■■■
■■■■
凡例■■■■
  
第一編 近代の春野■■■■■■
■■第一章 明治維新と春野■■3
■■■■第一節 戊辰戦争と維新期の社会変革■■3
■■■■■■一 お札下りと春野■■3
■■■■■■二 遠州報国隊と戊辰戦争■■5
■■■■■■三 静岡藩の成立と町域■■7
■■■■第二節 浜松県から静岡県へ■■10
■■■■■■一 戸籍と戸長制■■10
■■■■■■二 大区小区制■■12
■■■■■■三 静岡県と行政区の変遷■■16
■■■■■■四 徴兵制と町域■■21
■■■■第三節 地租改正と山林調査■■25
■■■■■■一 地券発行と地租改正■■25
■■■■■■二 交換米問題と遠州民会■■30
■■■■■■三 官民有区分と山林調査■■35
■■■■第四節 殖産興業と地元名望家■■42
■■■■■■一 地域の物産と生業■■42
■■■■■■二 勧業政策と老農■■46
■■■■■■三 栗田輝永と中村和三郎■■51
■■■■■■四 住民生活の変化■■58
■■■■第五節 松方デフレと丸山教■■61
■■■■■■一 松方デフレの影響■■61
■■■■■■二 丸山教と町域■■63
■■■■第六節 学制頒布と学校創立■■66
■■■■■■一 学制頒布と浜松県■■66
■■■■■■二 学校の創立■■72
■■■■第七節 教育令と学校■■79
■■■■■■一 教育令・改正教育令■■79
■■■■■■二 町域の学校と就学状況■■82
■■■■■■三 町域の学校と教育の実態■■96
■■■■■■四 学校維持■■124
■■■■第八節 宗教政策と春野■■136
■■■■■■一 秋葉山の神仏分離■■136
■■■■■■二 町内の寺社・宗教■■142
  
■■第二章 町村制と日清・日露戦争■■149
■■■■第一節 三村の成立と行政の展開■■149
■■■■■■一 帝国憲法の発布と町村制■■149
■■■■■■二 犬居村の誕生■■153
■■■■■■三 気多村の誕生■■157
■■■■■■四 熊切村の誕生■■161
■■■■■■五 国会開設と第一回総選挙■■166
■■■■第二節 日清・日露戦争と地域社会■■171
■■■■■■一 日清戦争と地域■■171
■■■■■■二 日露戦争と地域■■179
■■■■■■三 諸団体と在郷軍人会■■187
■■■■■■四 出征から帰還まで■■193
■■■■■■五 忠魂碑と招魂祭■■201
■■■■■■六 消防制度と天災地変■■206
■■■■第三節 地方改良運動の展開■■221
■■■■■■一 戊申詔書の発布と地方改良運動■■221
■■■■■■二 犬居村の活動■■226
■■■■■■三 熊切村の活動・気多村の活動■■232
■■■■■■四 報徳社の活動と産業組合■■236
■■■■第四節 商業活動と林野事業■■243
■■■■■■一 製茶技術と共進会■■243
■■■■■■二 明治中後期の犬居村■■247
■■■■■■三 道路と交通用具■■261
■■■■■■四 明治期の林業と共有山林■■275
■■■■■■五 御科林の下げ戻し運動■■281
■■■■第五節 学校令の公布とその対応■■287
■■■■■■一 小学校令の公布■■287
■■■■■■二 町域の学校■■289
■■■■■■三 教育勅語の発布と御真影拝戴■■303
■■■■第六節 義務教育制度の整備■■308
■■■■■■一 初等教育の充実■■308
■■■■■■二 町域の学校■■310
  
■■第三章 王子製紙気田工場と春野■■325
■■■■第一節 王子製紙の進出と地域の対応■■325
■■■■■■一 王子製紙の気田進出の背景■■325
■■■■■■二 気田の選定■■330
■■■■■■三 地元の誘致活動■■339
■■■■■■四 気田工場の建設■■344
■■■■第二節 気田工場の経営と気多村との関係■■350
■■■■■■一 気田分社と生産のしくみ■■350
■■■■■■二 水路問題と寄付金■■366
■■■■■■三 明治三十一年の経営転換■■370
■■■■■■四 経営の展開■■375
■■■■■■五 山林請負事業■■387
■■■■■■六 水害と操業停止■■402
■■■■第三節 北遠からの王子製紙の撤退■■409
■■■■■■一 藤原銀次郎の再建努力■■409
■■■■■■二 大正八年のストライキ■■415
■■■■■■三 気田工場の閉鎖■■425
■■■■■■四 気田工場操業の歴史的意義■■433
  
■■第四章 大正デモクラシー期の春野■■437
■■■■第一節 第一次世界大戦と人々のくらし■■437
■■■■■■一 大正期の春野■■437
■■■■■■二 第一次世界大戦と出征兵士■■440
■■■■第二節 大正期の村政と郡役所の廃止■■448
■■■■■■一 村政の展開■■448
■■■■■■二 普選の成立と総選挙■■463
■■■■■■三 周智郡役所の廃止■■468
■■■■■■四 第一回国勢調査■■475
■■■■■■五 町域の大火■■481
■■■■第三節 米騒動と農村経済の動き■■487
■■■■■■一 米騒動■■487
■■■■■■二 茶業の展開■■498
■■■■■■三 農村経済と養蚕業の展開■■509
■■■■■■四 気田川の舟といかだ■■517
■■■■■■五 林業と山村の動向■■527
■■■■第四節 大正デモクラシー期の社会と文化■■538
■■■■■■一 二葉文園■■538
■■■■■■二 青年訓練所■■550
■■■■■■三 町と村の生活■■554
■■■■■■四 通信制度と犬居の町並■■563
■■■■第五節 大正・昭和戦前期の教育■■575
■■■■■■一 大正期の初等教育■■575
■■■■■■二 町域の学校■■576
■■■■■■三 学校行事・生徒の生活規則■■596
  
■■第五章 十五年戦争と春野■■611
■■■■第一節 昭和初期の経済と人々のくらし■■611
■■■■■■一 不況の深刻化と町域■■611
■■■■■■二 昭和初期の犬居町■■617
■■■■■■三 乗合自動車と鉄橋■■619
■■■■第二節 戦時体制と春野■■632
■■■■■■一 戦争と行政■■632
■■■■■■二 出征兵士と地域の対応■■638
■■■■■■三 紀元二六〇〇年奉祝典と地域■■672
■■■■第三節 戦時下の生活と社会■■675
■■■■■■一 銃後の守りと銃後奉公会■■675
■■■■■■二 慰問と婦人会■■677
■■■■■■三 隣組の強化と警防団■■683
■■■■■■四 映画会の変質■■687
■■■■■■五 秋葉山の大火■■690
■■■■第四節 昭和戦前期の教育■■694
■■■■■■一 昭和不況期の教育■■694
■■■■■■二 戦時体制化の教育■■708
  
第二編 現代の春野■■■■■■
■■第一章 戦後の民主化と地域社会■■721
■■■■第一節 敗戦による混乱と人々の生活■■721
■■■■■■一 インフレと食糧難■■721
■■■■■■二 配給制度■■725
■■■■■■三 消防制度■■727
■■■■第二節 戦後の諸改革と農地改革■■729
■■■■■■一 新憲法■■729
■■■■■■二 農地改革■■731
■■■■■■三 開拓農家■■734
■■■■■■四 農業協同組合■■735
■■■■■■五 戦後の町政・村政■■740
■■■■第三節 林業の隆盛■■743
■■■■■■一 戦後の森林組合と営林署■■743
■■■■■■二 林業の隆盛と地域社会■■750
■■■■第四節 戦後の教育と文化■■762
■■■■■■一 六・三・三制の発足と新制中学校■■762
■■■■■■二 周智農林高校犬居分校の発足と歩み■■785
■■■■■■三 教育委員会の発足■■797
■■■■■■四 青年学級■■801
■■■■■■五 新制の青年団■■807
  
■■第二章 春野町の誕生と発展■■817
■■■■第一節 三町村の合併■■817
■■■■■■一 犬居・熊切の合併■■817
■■■■■■二 気多村の合併■■821
■■■■第二節 道路網の発達■■826
■■■■■■一 車輌と昭和四十年ころの道路■■826
■■■■■■二 国道三六二号線■■829
■■■■■■三 袋井・春野線■■832
■■■■■■四 スーパー林道■■833
■■■■第三節 地域経済の変化と発展■■835
■■■■■■一 高度成長の時代■■835
■■■■■■二 地域経済の推移■■837
■■■■■■三 工場誘致■■843
■■■■第四節 学校の統廃合と春野高校■■846
■■■■■■一 小、中学校の統合■■846
■■■■■■二 犬居地区■■852
■■■■■■三 気多地区■■854
■■■■■■四 熊切地区■■859
■■■■■■五 学校給食■■866
■■■■■■六 静岡県立春野高等学校■■869
■■■■■■七 山の村■■877
■■■■第五節 地域の文化活動と施設の充実■■884
■■■■■■一 各協会の設立■■884
■■■■■■二 充実する社会教育活動■■900
■■■■■■三 公民館等の施設■■918
  
付録 古くからふるさとに伝えられてきた言い伝えや唄など■■■■■■
■■■■■■一 春野町の伝説■■933
■■■■■■二 春野町の歌■■956
  
参考文献一覧■■963
執筆分担一覧■■975
あとがき■■979
資料提供(協力)者名簿■■981
関係者名簿■■982