浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

合併旧町村史

浜松市 合併町村史

春野町史 通史編上巻

春野町史 通史編 上巻『春野町史 通史編 上巻』

 春野町 平成九年



 
  【第一編】   第一章  第二章  第三章  第四章  第五章
  【第二編】   第一章  第二章  第三章  第四章
  【第三編】   第一章  第二章  第三章  第四章  第五章  第六章
 


目次■■ ページ  画像 
目次■■■■
口絵■■■■
■■■■
凡例■■■■
  
第一編 原始古代の春野■■■■■■
■■第一章 旧石器時代の春野■■3
■■■■第一節 モチクイド遺跡と後期旧石器文化■■3
■■■■■■一 モチクイド遺跡の人々■■3
■■■■■■二 現代につながる後期旧石器文化■■11
■■■■第二節 最古の狩人たちの暮らし■■21
■■■■■■一 人々をとりまく自然環境■■21
■■■■■■二 集落(ムラ)と衣・食・住■■28
■■■■■■三 遺跡群が語るもの■■35
  
■■第二章 縄文時代の春野■■43
■■■■第一節 縄文土器と時期区分■■43
■■■■■■一 縄文時代研究史■■43
■■■■■■二 縄文文化の誕生とその移り変わり■■48
■■■■第二節 縄文人の暮らし■■63
■■■■■■一 多様な生業活動■■63
■■■■■■二 衣・食・住■■74
■■■■■■三 埋葬・儀礼・祭り■■79
■■■■第三節 縄文の集落と社会■■87
■■■■■■一 縄文社会の基礎単位■■87
■■■■■■二 春野町域における遺跡群とネットワーク■■90
  
■■第三章 弥生時代の春野■■103
■■■■第一節 山間地の弥生文化■■103
■■■■■■一 縄文時代から弥生時代へ■■103
■■■■■■二 春野町域の弥生文化とその特質■■109
  
■■第四章 古墳時代の春野■■115
■■■■第一節 古墳時代の概観■■115
■■■■■■一 古墳の出現とその意義■■115
■■■■■■二 前期・中期・後期古墳■■117
■■■■第二節 春野町域の古墳文化■■123
■■■■■■一 遺跡の分布と生業■■123
■■■■■■二 サルマ古墳と仇山古墳群■■126
  
■■第五章 律令制下の春野町域■■137
■■■■第一節 律令制の導入■■137
■■■■■■一 国郡制の成立と北遠地方■■137
■■■■第二節 山香郡の成立■■144
■■■■■■一 山香郡成立の背景■■144
■■■■■■二 山香郡の構造■■150
■■■■■■三 山香郡内の郷■■155
■■■■第三節 開発の進展と影響■■163
■■■■■■一 貢納品の生産■■163
■■■■■■二 北遠地方における庄園の形成■■170
■■■■第四節 地域の信仰■■174
■■■■■■一 神々の信仰■■174
■■■■■■二 秋葉山の伝承■■178
  
第二編 中世の春野■■■■■■
■■第一章 山香庄と天野氏■■187
■■■■序節 源頼朝と天野遠景■■187
■■■■■■一 源頼朝の挙兵■■187
■■■■■■二 鎌倉幕府の成立■■197
■■■■■■三 鎮西奉行天野遠景■■206
■■■■第一節 長講堂領山香庄の発展■■217
■■■■■■一 伝領の経緯■■217
■■■■■■二 山香庄の社会■■219
■■■■第二節 天野氏の山香庄入部■■227
■■■■■■一 承久の乱■■227
■■■■■■二 守護・地頭職の拝領■■235
■■■■■■三 天野政景子息の活躍■■240
■■■■第三節 天野氏の在地領主化■■245
■■■■■■一 執権政治の展開■■245
■■■■■■二 霜月騒動と天野氏■■250
■■■■■■三 所領分割と在地領主化■■253
■■■■第四節 鎌倉幕府の滅亡■■260
■■■■■■一 幕政の腐敗と倒幕計画■■260
■■■■■■二 鎌倉合戦■■262
  
■■第二章 北遠地方と南北朝の内乱■■265
■■■■第一節 建武の新政■■265
■■■■■■一 後醍醐天皇の親政■■265
■■■■■■二 当知行の安堵■■268
■■■■第二節 新政の崩壊と南北朝の内乱■■271
■■■■■■一 足利尊氏と天野氏■■271
■■■■■■二 宗良親王と気多城■■276
■■■■■■三 観応の擾乱と天野氏■■283
■■■■第三節 山里の信仰■■289
■■■■■■一 いぬい八か村と熊野信仰■■289
■■■■■■二 大般若経と気多郷円満寺■■293
  
■■第三章 守護領国制と国人天野氏■■301
■■■■第一節 室町幕府の成立と発展■■301
■■■■■■一 花の御所と南北朝の合体■■301
■■■■■■二 遠江守護今川氏と天野氏■■305
■■■■第二節 山香庄の崩壊■■311
■■■■■■一 遠江守護斯波氏の分国支配■■311
■■■■■■二 山香庄の解体■■314
■■■■第三節 山のくらしと信仰■■316
■■■■■■一 大時八坂神社の鰐口と神像■■316
■■■■■■二 京丸藤原氏■■319
  
■■第四章 戦国大名と天野氏の動向■■331
■■■■第一節 応仁・文明の乱■■331
■■■■■■一 管領細川氏と天野氏■■331
■■■■■■二 駿河守護今川義忠の遠江攻略■■335
■■■■第二節 今川氏親・氏輝と天野氏■■337
■■■■■■一 今川氏親の遠江経営■■337
■■■■■■二 今川氏親の遠江検地■■341
■■■■■■三 今川氏輝の北遠支配■■344
■■■■第三節 今川義元と天野氏■■348
■■■■■■一 天野氏の軍忠と帰順■■348
■■■■■■二 犬居三か村定書■■351
■■■■■■三 犬居三か村における寄親寄子制■■353
■■■■■■四 東西の陣労■■357
■■■■■■五 惣領景泰と被官百姓の確執■■367
■■■■■■六 桶狭間の戦い■■370
■■■■第四節 今川氏の衰亡と天野宮内右衛門尉■■373
■■■■■■一 遠州総劇■■373
■■■■■■二 寄親天野藤秀とその同心たち■■375
■■■■■■三 氏真の没落と天野氏の動向■■379
■■■■第五節 武田・徳川の相剋と犬居山中の動静■■383
■■■■■■一 三方ヶ原の戦い■■383
■■■■■■二 武田勝頼の遠江攻略■■386
■■■■■■三 天正二年の犬居攻防■■390
■■■■■■四 長篠の戦い■■398
■■■■■■五 天野氏の犬居退去■■401
■■■■第六節 戦国の村々と人々の信仰■■409
■■■■■■一 人々のくらしと茶の栽培■■409
■■■■■■二 天野氏菩提寺瑞雲院と山中寺庵■■415
■■■■■■三 村の神々■■421
  
第三編 近世の春野■■■■■■
■■第一章 幕藩制社会への移行のなかで■■433
■■■■第一節 徳川氏の領国支配■■433
■■■■第二節 豊臣政権期の犬居領■■441
■■■■第三節 幕藩体制の成立と犬居領■■452
■■■■第四節 慶長九年検地と永高制■■460
  
■■第二章 近世村落の確立と犬居領■■473
■■■■第一節 「領」支配の展開と犬居領■■473
■■■■第二節 土豪百姓と村方騒動■■487
■■■■第三節 寛文総検地と近世村落の確立■■496
■■■■第四節 年貢収取と小物成■■516
  
■■第三章 支配の変遷と村の変容■■537
■■■■第一節 幕領と掛川藩領■■537
■■■■第二節 村役人制度と村方騒動■■546
■■■■第三節 凶作・飢饉の発生と対応■■558
■■■■第四節 徴租法の変化と年貢の変遷■■563
  
■■第四章 山地の利用と林業・椎茸・茶■■573
■■■■第一節 山地利用と山論■■573
■■■■■■一 山地利用と焼畑■■573
■■■■■■二 山地売買と山境論■■579
■■■■■■三 近世前期村落間紛争と山論■■584
■■■■第二節 江戸幕府の林野支配■■588
■■■■■■一 江戸幕府の林野管理と山地■■588
■■■■■■二 高外地支配政策と小物成徴収■■592
■■■■第三節 山地利用の多角化■■599
■■■■■■一 幕府造林政策と育成林業の展開■■599
■■■■■■二 椎茸栽培の導入と普及■■602
■■■■第四節 茶生産の発展と茶一件■■606
  
■■第五章 信仰と文化■■611
■■■■第一節 秋葉山と秋葉信仰■■611
■■■■■■一 近世の秋葉山■■611
■■■■■■二 秋葉信仰■■618
■■■■■■三 秋葉山道■■637
■■■■第二節 村々の寺社■■648
■■■■■■一 本末制度と寺請制度■■648
■■■■■■二 社・小祀・小堂■■659
■■■■■■三 さまざまな信仰■■669
■■■■第三節 村の文化と娯楽■■677
■■■■■■一 庶民教育■■677
■■■■■■二 国学・俳諧■■681
■■■■■■三 医者■■687
■■■■■■四 娯楽と旅■■690
  
■■第六章 幕末期の情勢と村々■■699
■■■■第一節 天保の飢饉と御料所改革■■699
■■■■第二節 村方騒動と百姓一揆■■710
■■■■第三節 開国から維新へ■■724
  
参考文献一覧表■■731
あとがき■■741
資料提供(協力)者名簿■■743
関係者名簿■■745