浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

合併旧町村史

浜松市 合併町村史

細江町史 通史編中

細江町史 通史編中『細江町史 通史編中』

 細江町 平成12年



 
  【第1編】  第1章  第2章
  【第2編】  第1章  第2章
  【第3編】  第1章  第2章  第3章  第4章  第5章  第6章  第7章
  【第4編】  第1章  第2章  第3章  第4章  第5章
         年表
 


目次■■ ページ  画像 
口絵■■■■
■■■■
はじめに■■■■
凡例■■■■
  
第1編 原始■■■■■■
■■第1章 細江のあけぼの■■■■■■
■■■■第1節 ナウマン象とともに■■3
■■■■■■祝田坂の象化石■■3
■■■■■■化石となった人骨■■4
■■■■■■旧石器人の暮らし■■6
■■■■■■浜名湖の生立ち■■8
■■■■第2節 細江の縄文人■■9
■■■■■■土器と弓矢の発明■■9
■■■■■■狩猟と漁労■■10
■■■■■■縄文人の主食■■13
■■■■■■縄文文化■■14
■■■■■■縄文人のムラとつき合い■■17
  
■■第2章 水田稲作と銅鐸■■■■■■
■■■■第1節 稲作の開始と展開■■21
■■■■■■稲作の伝来■■21
■■■■■■岡ノ平遺跡■■23
■■■■■■水田農業の展開■■26
■■■■■■弥生文化■■29
■■■■第2節 細江の銅鐸■■31
■■■■■■銅鐸の谷■■31
■■■■■■銅鐸のまつり■■34
  
第2編 古代■■■■■■
■■第1章 陣座ヶ谷古墳とその時代■■■■■■
■■■■第1節 弥生墳墓から古墳へ■■41
■■■■■■畿内勢力の跫音■■41
■■■■■■陣座ヶ谷古墳■■43
■■■■■■古墳築造の意義■■46
■■■■第2節 ヤマト政権と細江の古墳■■49
■■■■■■「井」の国と名代・ミヤケ■■49
■■■■■■古墳時代集落の動向■■51
■■■■■■まつり■■55
■■■■■■群集する小型古墳■■57
  
■■第2章 刑部・伊福の里■■■■■■
■■■■第1節 律令国家と細江■■64
■■■■■■奈良時代の政治の仕組み■■64
■■■■■■律令記の集落と里■■67
■■■■■■引佐郡家■■70
■■■■第2節 古代の人々の暮らし■■76
■■■■■■古代の人々の負担■■76
■■■■■■古代の人々のまつり■■78
■■■■■■律令制の崩壊■■81
■■■■第3節 気賀荘■■84
■■■■■■気賀荘■■84
■■■■第4節 万葉集に詠まれた細江■■85
■■■■■■澪標■■85
■■■■■■吾跡川楊■■86
  
第3編 中世■■■■■■
■■第1章 南北朝と戦国の世■■■■■■
■■■■第1節 宗良親王■■91
■■■■■■宗良親王■■91
■■■■■■無文元選と方広寺派■■93
■■■■第2節 永正の乱■■95
■■■■第3節 桶狭間の戦いと井伊氏■■96
■■■■■■服部中保次の墓■■96
■■■■■■桶狭間の戦いと井伊氏■■97
  
■■第2章 徳川家康の遠江経略と細江地方■■■■■■
■■■■第1節 徳川軍の遠江侵入ルート■■99
■■■■■■1 宇津山城とその役割■■99
■■■■■■2 宗長手記にみる湖岸の諸城■■100
■■■■■■3 松平家忠の宇津山攻め■■102
■■■■■■4 『武徳編年集成』の記述■■103
■■■■■■5 油田の地侍竹田高正■■104
■■■■■■6 本坂の後藤氏・佐久の浜名氏■■105
■■■■■■7 井伊谷三人衆・菅沼・近藤・鈴木■■106
■■■■■■8 二説ある侵入ルート■■108
■■■■■■9 陣座峠から奥山筋へ■■109
■■■■■■10 『菅沼家譜』の記述■■111
■■■■■■11 白須賀城落城■■113
■■■■■■12 三河の奥貴山冨賀寺■■113
■■■■■■13 宇利の近藤氏初代満用■■114
■■■■■■14 井伊谷城と『野田実記』■■115
■■■■第2節 刑部城と蜂前神社■■117
■■■■■■1 刑部城とその主将■■117
■■■■■■2 刑部城の地形と規模■■118
■■■■■■3 『図絵』にみる「瀬戸の郷士」■■119
■■■■■■4 氏真の判物と瀬戸方休■■122
■■■■■■5 蜂前神社の徳政文書■■123
■■■■■■6 橋羽妙恩寺の寺紋■■125
■■■■■■7 馬場美濃守と日豪上人■■126
■■■■■■8 家康、蜂前神社に戦勝祈願■■127
■■■■■■9 浜名湖西岸南下ルート■■128
■■■■■■10 『浜松御在城記』について■■129
■■■■■■11 中村源左衛門家の系譜■■129
■■■■■■12 源左衛門正吉の登場■■131
■■■■■■13 中村家由緒書■■132
■■■■■■14 『浜松宿古来書留』■■133
■■■■■■15 「西海別」と「東海別」の村々■■134
■■■■第3節 引間城と飯尾氏4代■■136
■■■■■■1 引間城とその周辺■■136
■■■■■■2 築城の年代と築城者■■139
■■■■■■3 飯尾氏4代の系譜■■139
■■■■■■4 寿量院の飯尾氏文書■■141
■■■■■■5 飯尾連龍謀殺さる■■142
■■■■■■6 東漸寺に連龍の供養塔■■143
■■■■■■7 江馬安芸守と同加賀守■■144
■■■■■■8 飯尾連龍室の奮戦■■146
■■■■■■9 つばき屋敷と御台塚■■146
■■■■■■10 浜松城築城の時期■■147
■■■■■■11 築城当初の規模■■148
■■■■■■12 惣奉行木原吉次■■150
■■■■■■13 家康の掛川城攻め■■151
■■■■■■14 『今川諸家臣分限記』■■153
■■■■■■15 雲坂寄進の気賀の松井藤太夫■■155
  
■■第3章 堀川城と堀江城の攻防■■■■■■
■■■■第1節 大沢基胤と中安定安■■157
■■■■■■1 堀江下野守の館■■157
■■■■■■2 家康、大沢・中安に誓書■■158
■■■■■■3 『野田実記』の記述■■160
■■■■■■4 大沢氏の出自と系譜■■160
■■■■■■5 基宿の代に「高家」に列す■■162
■■■■■■6 宿蘆寺に大沢氏歴代の墓■■162
■■■■■■7 藩主大沢基寿の回想録■■164
■■■■■■8 中安兵部少輔定安■■165
■■■■■■9 中安から分流した野中氏■■166
■■■■■■10 中安定安、姉川で討死■■166
■■■■第2節 竹田、山村、尾藤の三将■■167
■■■■■■1 堀川城の地理的考察■■167
■■■■■■2 攻防は永禄12年3月■■169
■■■■■■3 両軍の人数について■■170
■■■■■■4 家康一揆衆の真中を通過■■171
■■■■■■5 残党七百人赦免説■■173
■■■■■■6 気賀領主新田友作■■173
■■■■■■7 竹田高正の油田土着■■175
■■■■■■8 高正の子雅楽介と酒造介■■176
■■■■■■9 山村修理太夫自害の地■■177
■■■■■■10 山村家由緒書■■178
■■■■■■11 尾藤主膳は堀江城外で自害■■179
■■■■■■12 春浦和尚も入定■■180
  
■■第4章 三方原の戦いとその舞台■■■■■■
■■■■第1節 台地への西上ルート■■182
■■■■■■1 武田信玄、遠江に南下■■182
■■■■■■2 勝頼総大将で二俣城攻め■■183
■■■■■■3 家康をめぐる合戦伝説■■184
■■■■■■4 史料にみる二俣城の攻防■■185
■■■■■■5 その後の二俣城の動向■■187
■■■■■■6 武田軍の天竜川渡河■■188
■■■■■■7 武田勢3万徳川勢1万■■191
■■■■■■8 申の刻に合戦の火ぶた■■192
■■■■■■9 給食を担当した小荷駄隊■■192
■■■■■■10 討死した徳川の武将たち■■193
■■■■■■11 軍が動いた祝田坂■■194
■■■■■■12 決戦場祝田坂■■195
■■■■第2節 広沢山普済寺の炎上■■196
■■■■■■1 合戦当時の浜松城■■196
■■■■■■2 玄黙寺と玄黙口■■197
■■■■■■3 明光寺口と天林寺■■199
■■■■■■4 酒井の太鼓をめぐる伝説■■200
■■■■■■5 『三方原戦記』の記述■■202
■■■■■■6 玄風和尚の『西来院由緒』■■202
■■■■■■7 亀井山に硝煙蔵■■206
  
■■第5章 武田信玄の刑部宿陣■■■■■■
■■■■第1節 古戦場犀ヶ崖史譚■■208
■■■■■■1 犀ヶ崖の夜襲作戦■■208
■■■■■■2 布橋伝説発生の起因■■210
■■■■■■3 『遠江古蹟図絵』の「犀ヶ崖」■■211
■■■■■■4 大島蓼太の句碑■■214
■■■■■■5 『三方原戦記』から■■214
■■■■■■6 武田軍の撤収ルート■■215
■■■■■■7 平口村・新原村と休兵坂■■216
■■■■■■8 新原弥左右衛門と瑞応寺■■218
■■■■第2節 宿名の寺屋敷円頓寺■■219
■■■■■■1 陣平に大陣屋・前山に小陣屋■■219
■■■■■■2 陣座ヶ谷と陣内平■■220
■■■■■■3 古陣地について■■222
■■■■■■4 『青山御領分絵図』■■223
■■■■■■5 前山『史蹟』の碑■■223
■■■■■■6 刑部から三河への進路■■225
■■■■■■7 堀川の討死者の葬地■■226
■■■■■■8 宿陣を可能にした谷間の湧水■■227
■■■■■■9 刑部に朝倉義景の使者■■228
■■■■■■10 松平清善宛の家康の宛状■■229
■■■■■■11 油田を宿陣地とする説■■230
■■■■第3節 油田の竹田家系譜■■232
■■■■■■1 信玄、木曽義昌に書簡■■232
■■■■■■2 『竹田家系図』の考証■■232
■■■■■■3 木曽義昌について■■234
■■■■■■4 『木曽家系図書』■■235
■■■■■■5 竹田家の後裔たち■■235
■■■■■■6 岡部政定とその家系■■236
■■■■■■7 高正父子の五輪塔■■237
■■■■■■8 刑部郷7か村■■238
■■■■■■9 永井随庵の『浜名湖見聞録』■■239
■■■■■■10 刑部村の庄屋内山平兵衛■■241
  
■■第6章 築山殿の死と信康の自刃■■■■■■
■■■■第1節 浜松在城中の試練■■243
■■■■■■1 哀しみと歓びの歳月■■243
■■■■■■2 家族の愛をすて、家を守る■■243
■■■■■■3 築山御前最後の地■■244
■■■■■■4 西来院の月窟廟■■246
■■■■■■5 『西来院由緒口上書』■■247
■■■■■■6 築山殿の150年遠忌■■248
■■■■■■7 豪華秀麗をきわめた廟堂■■248
■■■■■■8 紀行文にみる築山廟■■250
■■■■■■9 『遠江古跡図絵』にみる伝承■■250
■■■■■■10 野中三五郎重政とその後裔■■252
■■■■第2節 三郎信康の死と秀忠の誕生■■253
■■■■■■1 松平源三郎康俊■■253
■■■■■■2 松平康俊の刀と鎗■■254
■■■■■■3 信康二俣城で自刃■■255
■■■■■■4 服部半蔵と天方山城守■■256
■■■■■■5 清瀧寺の伽藍の災禍■■257
■■■■■■6 信康廟の五輪塔■■257
■■■■■■7 三郎信康の火葬地■■258
■■■■■■8 秀康、宇布見で出生■■259
■■■■■■9 中村家の「胞衣塚」■■260
■■■■■■10 長勝院お万の方■■261
■■■■■■11 将軍秀忠浜松で出生■■261
■■■■■■12 西郷局と心造寺の鉄灯籠■■263
  
■■第7章 吉川本町(気賀)の成立■■■■■■
■■■■第1節 堀川城とその人物群■■265
■■■■■■1 気賀一揆の寺と地侍■■265
■■■■■■2 気賀村の名倉常閑■■266
■■■■■■3 本坂の後藤角兵衛実久■■267
■■■■■■4 佐久城と浜名肥前守■■268
■■■■■■5 『浜名記』全3巻■■269
■■■■■■6 『牛窪記』にみる堀川■■270
■■■■■■7 真木又二郎とその妻■■271
■■■■■■8 新田喜斎について■■271
■■■■■■9 三河清水城と新田氏■■273
■■■■■■10 全得寺と知足院■■274
■■■■■■11 喜斎の墓塔と念持仏■■276
■■■■第2節 本田作左衛門と中村与太夫■■278
■■■■■■1 井伊直親と祝田の大藤寺■■278
■■■■■■2 『井伊氏南朝奉仕始末』■■279
■■■■■■3 井伊直平、有玉籠屋で死す■■279
■■■■■■4 築山御前の井伊氏系類説■■280
■■■■■■5 直親掛川で謀殺さる■■282
■■■■■■6 『南渓和尚過去帳』■■284
■■■■■■7 本田重次の伝馬所設置■■285
■■■■■■8 荒地開発権と吉村湊の舟役■■287
■■■■■■9 堀尾帯刀吉晴の時代■■288
■■■■■■10 松下常慶重綱の手形■■289
■■■■■■11 中世から近世への移行■■289
■■中世編の執筆について■■291
  
第4編 近世■■■■■■
■■第1章 気賀の関所■■■■■■
■■■■第1節 姫街道と気賀の関■■295
■■■■■■姫街道の名■■295
■■■■■■姫街道のあらまし■■295
■■■■■■細江町のなごり■■297
■■■■第2節 気賀の関所■■300
■■■■第3節 気賀関所の構造■■301
■■■■■■気賀関所の構造■■301
■■■■■■犬くぐり道■■303
■■■■第4節 関所役人の構成と勤務■■303
■■■■第5節 関所の武具と道具■■305
■■■■第6節 制札(高札)■■307
■■■■第7節 近藤の成立■■309
■■■■第8節 貞用と初山方林寺■■312
■■■■第9節 気賀関守 旗本近藤家■■315
■■■■■■気賀関主 旗本近藤家■■315
■■■■■■近藤家の陣屋■■316
■■■■第10節 関所手形■■316
■■■■■■女手形■■316
■■■■■■関所手形■■317
■■■■■■鉄砲手形■■317
■■■■■■往来手形■■318
■■■■第11節 女改め■■318
■■■■第12節 鉄砲改め■■320
■■■■第13節 関所とその要害村■■321
  
■■第2章 気賀関所での通行と取り締まり■■■■■■
■■■■第1節 気賀関所と助郷村■■323
■■■■第2節 金指関所■■324
■■■■第3節 本陣中村家■■325
■■■■第4節 宿場の人々■■329
■■■■第5節 浄円院の気賀関通行■■330
■■■■第6節 天覧の象の通行■■331
■■■■第7節 将軍家茂上洛に関する気賀関所文書■■333
■■■■第8節 道中御奉行様御條目 写■■336
■■■■第9節 御関所御定法■■337
■■■■■■気賀御関所御定法■■337
■■■■■■■■339
■■■■■■大名の通行■■342
  
■■第3章 打ち続く災害■■■■■■
■■■■第1節 宝永の災害■■344
■■■■第2節 藺草神社■■345
  
■■第4章 農民一揆■■■■■■
■■■■第1節 宝永の地震への対策■■350
■■■■第2節 天保の飢饉■■351
■■■■■■嘉永・安政の地震■■352
■■■■第3節 農民一揆■■354
■■■■■■天王ぶろに立籠もる■■359
■■■■■■事件の終末■■361
■■■■■■永代三日夜灯■■362
  
■■第5章 宿場の人々のくらし■■■■■■
■■■■第1節 遠州気賀村御地頭様御支配覚書■■363
■■■■第2節 正徳三年の御法度書■■364
■■■■■■正徳三年の御法度書■■364
■■■■第3節 御条目並五人組帳■■365
■■■■第4節 気賀町方覚書■■369
■■■■■■気賀町取捌定書■■369
■■■■■■碇役之定■■370
■■■■■■気賀町方覚書■■373
■■■■■■油田への覚書■■380
■■■■■■伝馬役■■382
■■■■■■町役■■382
■■■■■■働き人足■■383
■■■■■■防災■■385
■■■■■■年中行事■■386
■■■■■■科人■■390
■■■■■■参勤交代■■393
■■■■第5節 気賀村の申送帳■■395
  
年表■■403
あとがき■■■■