浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

合併旧町村史

浜松市 合併町村史

天竜市史 下巻

天竜市史 下巻『天竜市史 下巻』

 天竜市役所 昭和六十三年





目次■■ ページ  画像 
政治・社会編■■■■■■
■■第一章 明治維新と制度の変遷■■
■■■■第一節 明治初期の天竜市域■■
■■■■■■第一項 明治新政府の成立■■
■■■■■■第二項 幕領から天朝御領・駿府藩領へ■■
■■■■■■第三項 府中藩の成立■■
■■■■■■■■中泉奉行所の設置■■■■■■
■■■■■■第四項 明治初年の世情と旧制度の改革■■
■■■■■■■■行幸と池田船橋 民心の獲得 川番所の廃止 版木による通達
改名と苗字 浪人の横行 徳川家達の二俣地方視察 高札 穀高騒動
■■■■■■
■■■■■■第五項 濱松県の成立と県政■■十六
■■■■■■■■濱松県の成立 戸籍編成 大区・小区制 濱松県概観 地理誌編輯
風俗・習慣の改正 盆中大念仏 太陽暦 武士団の解体と士族授産
■■■■■■
■■■■■■第六項 濱松県民会■■四三
■■■■■■■■濱松県民会開設の背景 濱松県民会 小区会 県会と小区会■■■■■■
■■■■■■第七項 静岡県の成立■■四九
■■■■■■■■濱松県の廃止 静岡県の成立■■■■■■
■■■■第二節 三新法体制下の天竜市域■■五一
■■■■■■第一項 三新法の公布■■五一
■■■■■■■■三新法成立の背景 郡区町村編制法 府県会規則 地方税規則■■■■■■
■■■■■■第二項 郡の成立と二俣出張所の設置■■五三
■■■■■■■■大区・小区制の廃止 郡制の施行 二俣出張所■■■■■■
■■■■■■第三項 戸長と戸長役場■■五八
■■■■■■■■村の復活 戸長の任務■■■■■■
■■■■■■第四項 県会と村会■■六〇
■■■■■■■■県会議員 村会の開設■■■■■■
■■■■■■第五項 組合戸長制度■■六四
■■■■■■■■三新法の改正 五連合村の成立 役場機構の整備 役場吏員の服装■■■■■■
■■■■■■第六項 民権運動と丸山教■■七〇
■■■■■■■■市域の民権運動 丸山教騒動■■■■■■
■■■■第三節 町村制と天竜市域■■七六
■■■■■■第一項 町村制の施行■■七六
■■■■■■■■六か町村の成立 小規模合併の動き■■■■■■
■■■■■■第二項 町村会議員選挙■■八二
■■■■■■■■住民と公民 議員定数 選挙法 龍川村の場合 二俣町の場合
改選方法と同数得点
■■■■■■
■■■■■■第三項 町村の行政機構■■八七
■■■■■■■■町村制下の組織 区と区長の設置 町村制施行後の役場■■■■■■
■■■■■■第四項 郡制と県制■■九二
■■■■■■■■郡制 県制■■■■■■
■■■■■■第五項 帝国憲法と衆議院議員選挙■■九五
■■■■■■■■大日本帝国憲法の発布 第一回衆議院議員選挙■■■■■■
  ■■
■■第二章 地方自治の変遷■■一〇〇
■■■■第一節 明治後期の町村の諸問題■■一〇〇
■■■■■■第一項 日明区・米沢区の新設■■一〇〇
■■■■■■第二項 戸倉・大嶺区の分離と龍山村の誕生■■一〇一
■■■■■■第三項 二俣町の小学校敷地問題■■一〇三
■■■■■■■■校地借用問題 郡長の勧告 校地問題の再燃
河野町長就任と金谷案の復活 南北町民の対立 平和回復祝賀会
■■■■■■
■■■■■■第四項 浜松区裁判所龍山出張所の設置■■一〇八
■■■■■■■■登記所設置請願運動の動機 請願の推移 龍川出張所開所式■■■■■■
■■■■■■第五項 日露戦争とその影響■■一一〇
■■■■■■■■戦時下の町村財政 苦しい住民の生活 下阿多古村の場合■■■■■■
■■■■■■第六項 北遠の町村合併問題■■一一四
■■■■■■■■町村合併の訓令 二俣町と光明村の場合 龍川村と龍山村の場合
熊村と上・下阿多古村の場合
■■■■■■
■■■■第二節 行政改革の進展■■一一八
■■■■■■第一項 地方改良運動■■一一八
■■■■■■第二項 大正改元と御大典式典■■一二〇
■■■■■■第三項 自治会・隣保組合の設置■■一二二
■■■■■■第四項 第一回国勢調査■■一二六
■■■■■■第五項 磐田郡役所の変遷■■一二七
■■■■■■第六項 昭和改元と御大典奉祝式典■■一二九
■■■■■■第七項 普通選挙法の施行■■一三一
■■■■■■第八項 町村の緊縮財政■■一三二
■■■■■■第九項 二俣町役場庁舎新築■■一三四
■■■■第三節 不況の足跡■■一三六
■■■■■■第一項 米騒動と天竜市域■■一三六
■■■■■■■■二俣町の米廉売 村々の対応■■■■■■
■■■■■■第二項 天竜川鉱石陸揚人夫の賃金要求■■一三九
■■■■■■第三項 関東大震災の救援■■一四一
■■■■■■第四項 北遠山村の窮状■■一四三
■■■■第四節 戦時体制下の郷土■■一四六
■■■■■■第一項 国民精神総動員運動■■一四六
■■■■■■■■二俣町の場合■■■■■■
■■■■■■第二項 国家総動員法の制定■■一五〇
■■■■■■第三項 紀元二千六百年奉祝行事■■一五一
■■■■■■第四項 大政翼賛会と町内会・部落会■■一五二
■■■■■■第五項 地方事務所の設置■■一五四
■■■■■■第六項 隣保班制度と常会■■一五五
■■■■第五節 戦中・戦後の生活■■一五八
■■■■■■第一項 戦争下の衣食住■■一五八
■■■■■■第二項 食糧難とヤミ価格■■一六二
■■■■■■第三項 終戦の日の郷土■■一六三
■■■■■■第四項 戦後の混乱と食糧危機■■一六五
■■■■■■第五項 インフレの昂進と生活難■■一六七
■■■■第六節 戦後の民主化■■一七〇
■■■■■■第一項 天皇陛下の二俣町行幸■■一七〇
■■■■■■第二項 進駐軍の行政視察■■一七三
■■■■■■第三項 公職追放に関する覚書■■一七七
■■■■■■第四項 戦後初の衆議院議員総選挙■■一七八
■■■■■■第五項 新憲法下初の全国一斉選挙■■一八一
  ■■
■■第三章 新市町村の建設■■一八五
■■■■第一節 行政改革としての市町村合併■■一八五
■■■■第二節 町村合併への対応■■一九〇
■■■■■■第一項 町村合併促進法の制定■■一九〇
■■■■■■第二項 町村合併とその背景■■一九二
■■■■第三節 町村合併に向けて■■一九四
■■■■■■第一項 町村合併への模索と進展■■一九四
■■■■■■第二項 合併諸条件の具体化■■二〇八
■■■■第四節 新二俣町の誕生■■二一八
■■■■■■第一項 旧町村の廃止■■二一八
■■■■■■第二項 新町移行に伴う措置■■二二六
■■■■■■■■職務執行者等の決定 町議会議員の定数 選挙の執行
町の執行機関 行政委員会の設置 特筆事項
■■■■■■
■■■■■■第三項 解村と合併記念式■■二三五
■■■■第五節 天竜市の誕生■■二三八
■■■■■■第一項 市制施行の動機■■二三八
■■■■■■第二項 市制への動き■■二三九
■■■■■■第三項 新市の名称■■二四二
■■■■■■第四項 市制施行■■二四三
  ■■
■■第四章 警察・消防の沿革■■二五四
■■■■第一節 警察■■二五四
■■■■■■第一項 黎明期の警察■■二五四
■■■■■■■■捕亡吏の設置 番人制度■■■■■■
■■■■■■第二項 二俣分署から二俣警察署へ■■二五五
■■■■■■■■分署の設置 巡査の勤務と犯罪 派出所の設置 二俣警察署■■■■■■
■■■■■■第三項 戦後の警察法■■二五八
■■■■■■■■警察制度の改革 二俣町警察署■■■■■■
■■■■第二節 消防■■二六二
■■■■■■第一項 市域の消防組■■二六二
■■■■■■■■二俣町消防組 光明村消防組 龍川村消防組 下阿多古村消防組
上阿多古村消防組 熊村消防組
■■■■■■
■■■■■■第二項 警防団から消防団へ■■二七二
■■■■■■■■警防団の発足 消防団の発足■■■■■■
■■■■第三節 記録に残る災害等■■二七五
■■■■■■第一項 市域の火災■■二七五
■■■■■■■■相つぐ二俣村の大火 熊村の山火事 横山の大火
熊村字市場の火災 光明寺の火災 秋葉山の大火 二俣町の大火
■■■■■■
■■■■■■第二項 河川と災害■■二八三
■■■■■■■■明治二十二年の天竜川洪水 明治二十五年の暴風雨
明治三十七年の水害 明治四十四年の台風災害
大正十五年の台風禍 鹿島堤防決壊の危機
昭和十六年の集中豪雨 東南海大地震 河川改修
船明排水路の整備 二俣の「ふる川」
二俣川の付け替えと二光の滝の誕生 大平河原の締め切り
■■■■■■
  ■■
■■第五章 徴兵制と諸戦役■■三〇二
■■■■第一節 徴兵制の施行■■三〇二
■■■■■■第一項 徴兵令と徴兵忌避■■三〇二
■■■■■■第二項 徴兵検査と籤のがれ■■三〇五
■■■■■■第三項 簡閲点呼と召集令状■■三一〇
■■■■第二節 明治の戦役と出兵■■三一二
■■■■■■第一項 西南戦争■■三一二
■■■■■■第二項 日清戦争■■三一三
■■■■■■第三項 日露戦争■■三一六
■■■■第三節 日独戦争から満州事変へ■■三二三
■■■■■■第一項 日独戦争■■三二三
■■■■■■第二項 山東出兵と済南事変■■三二四
■■■■■■第三項 満州事変■■三二五
■■■■■■第四項 満蒙開拓団と満蒙開拓青少年義勇軍■■三二六
■■■■第四節 日中戦争から太平洋戦争へ■■三二八
■■■■■■第一項 日中戦争と動員■■三二八
■■■■■■第二項 太平洋戦争■■三三四
■■■■■■■■太平洋戦争と動員 太平洋戦争の終結■■■■■■
■■■■第五節 戦時下の郷土■■四〇六
■■■■■■第一項 笹岡工兵隊架橋演習廠舎■■四〇六
■■■■■■第二項 帝国在郷軍人会■■四〇八
■■■■■■第三項 二俣だより■■四一〇
■■■■■■第四項 太平洋戦争戦捷祈願■■四一五
■■■■■■第五項 本土空襲■■四一六
■■■■■■第六項 本土決戦と国民義勇隊の結成■■四一九
  ■■
■■第六章 住民の福祉と保健■■四二三
■■■■第一節 救護事業の変遷■■四二三
■■■■■■第一項 明治の社会事業■■四二三
■■■■■■第二項 救護法の施行と救護委員■■四二五
■■■■■■第三項 方面委員と民生委員■■四二五
■■■■■■第四項 生活保護法の施行■■四二七
■■■■■■第五項 福祉施設■■四三〇
■■■■■■■■公益質屋 授産所 天竜厚生会■■■■■■
■■■■第二節 医療と衛生■■四三六
■■■■■■第一項 医会から医師会へ■■四三六
■■■■■■第二項 歯科医と歯科医師会■■四四一
■■■■■■第三項 伝染病と隔離病舎■■四四二
■■■■■■■■伝染病と予防対策 隔離病舎の建設■■■■■■
■■■■第三節 戦後の保健医療■■四四七
■■■■■■第一項 伝染病の大発生■■四四七
■■■■■■第二項 天竜保健所■■四四八
■■■■■■第三項 天竜隔離病舎組合■■四五〇
■■■■■■第四項 国民健康保険■■四五三
  ■■
産業・経済編■■■■■■
■■第一章 林業■■四五七
■■■■総論■■四五七
■■■■第一節 林業のおこり■■四六一
■■■■■■第一項 地券発行と山林原野の官民区分■■四六一
■■■■■■■■明治前期の林業政策 地券の交付 社寺領の上地 阿寺村の村山■■■■■■
■■■■■■第二項 地租改正と村山の崩壊■■四六六
■■■■■■■■山林の地租改正 山林の丈量 村山の崩壊■■■■■■
■■■■■■第三項 私有林の分化と林業家の誕生■■四七〇
■■■■■■■■山林資産の集積 年季山 分収山 山林の移動■■■■■■
■■■■■■第四項 造林と林業投資■■四七二
■■■■■■■■育成林業の発展■■■■■■
■■■■第二節 製材工業と木材輸送の発達■■四七六
■■■■■■第一項 明治初期の木材取引と天竜川の通船■■四七六
■■■■■■■■明治初期の木材取引 天竜川の通船■■■■■■
■■■■■■第二項 掛塚港と海上輸送■■四七七
■■■■■■第三項 東海道本線の開通と掛塚港の衰退■■四八一
■■■■■■第四項 製材工業の発達■■四八二
■■■■■■■■木挽から機械挽へ 市域の製材工場 大規模工場の設立
工場の近代化
■■■■■■
■■■■■■第五項 鉄道の開通と木材輸送■■四八七
■■■■■■■■遠州鉄道 光明電気鉄道 二俣線の開通 委託屋の創業■■■■■■
■■■■第三節 林業諸団体■■四九〇
■■■■■■第一項 山林保護組織と森林組合の設立■■四九〇
■■■■■■■■山林火防組合 山林組合 北遠山林会
静岡県山林大会 森林組合の設立
■■■■■■
■■■■■■第二項 天竜川材木商同業組合の設立とその事業■■四九五
■■■■■■■■組合組織の変遷 流材の処理 林道の開設奨励
天竜川の舟筏路の浚渫 天竜川支流の改良 木材統制法
■■■■■■
■■■■第四節 林業技術の変遷■■五〇六
■■■■■■第一項 育苗と造林■■五〇六
■■■■■■■■育苗 造林■■■■■■
■■■■■■第二項 伐木と造材■■五一二
■■■■■■■■伐木 造材■■■■■■
■■■■■■第三項 木材の搬出と流送■■五一五
■■■■■■■■木材の搬出 川狩 堰出し 筏流し 繋留装置■■■■■■
■■■■■■第四項 山林労務■■五三〇
■■■■■■第五項 材積測定法■■五三一
■■■■■■■■飛買い ミツキ法 尺〆算出法 五一法 全材木の測定 木材の規格■■■■■■
■■■■■■第六項 戦後の造林と製材機械の発達■■五三三
■■■■■■■■造林 製材機械の発達■■■■■■
■■■■■■第七項 戦後の木材輸送と林道■■五三六
■■■■第五節 戦中・戦後の林材業■■五三七
■■■■■■第一項 昭和恐慌と林材業■■五三七
■■■■■■■■恐慌と材価 恐慌と林業家 恐慌と木材業■■■■■■
■■■■■■第二項 戦時統制と林材業■■五四二
■■■■■■■■追補責任森林組合 強制伐採 勤労報国隊 供木運動 価格統制■■■■■■
■■■■■■第三項 戦後の製材業と林業■■五四五
■■■■■■■■終戦と製材業 戦後の森林組合 相次ぐ製材工場の設立
木工業の発展 復興木材の供出 インフレと材価
山林解放のうわさ 森林組合の加工施設 造林の実態
■■■■■■
■■■■第六節 その他の林産物■■五五三
■■■■■■第一項 木炭■■五五三
■■■■■■第二項 薪■■五五七
■■■■■■第三項 椎茸■■五五九
■■■■■■■■椎茸栽培の起源 栽培方法 乾燥方法 北遠椎茸農業協同組合■■■■■■
■■■■■■第四項 樟脳■■五六四
■■■■第七節 狩猟■■五六五
  ■■
■■第二章 農業・その他■■五七一
■■■■総論■■五七一
■■■■第一節 地租改正と農村■■五七三
■■■■■■■■地租改正 主要農産物 特用作物■■■■■■
■■■■第二節 自作農創設と農地改革■■五八二
■■■■第三節 阿多古・熊地区開拓計画■■五八五
■■■■第四節 百々山の開墾■■五九〇
■■■■第五節 食糧の供出と配給制度■■五九一
■■■■第六節 耕地整理事業■■五九七
■■■■第七節 農業協同組合■■五九八
■■■■第八節 酪農と畜産■■六〇一
■■■■第九節 茶業■■六〇九
■■■■第十節 紙業■■六一六
  ■■
■■第三章 水産業■■六二〇
■■■■総論■■六二〇
■■■■第一節 魚族の生息と保護■■六二〇
■■■■第二節 漁業組合■■六二三
  ■■
■■第四章 鉱業■■六二六
■■■■総論■■六二六
■■■■第一節 市域の地質■■六二七
■■■■第二節 試掘と採掘■■六二九
  ■■
■■第五章 商工業■■六三三
■■■■総論■■六三三
■■■■第一節 明治期の商業■■六三七
■■■■■■第一項 熊村の場合■■六三七
■■■■■■■■近世後期の状況 明治初期の状況 中・後期の状況■■■■■■
■■■■■■第二項 阿多古筋の場合■■六四九
■■■■■■第三項 二俣の場合■■六四九
■■■■■■■■幕末の二俣村 遠州二俣の景況 寄留人の問題 産物と商人
二十年前後の二俣の商圏 所得構成 二俣町商業組合の設立
二俣とその周辺の職業構成 二俣の屋並みと商店
北遠の中心地二俣の発展
■■■■■■
■■■■第二節 商工業の変遷■■六七六
■■■■■■第一項 遠州紡績会社と北遠■■六七六
■■■■■■■■成立過程 開業までの経過 株主及び運営資金 経営 おわりに■■■■■■
■■■■■■第二項 二俣繭市場と北遠地方■■六八七
■■■■■■■■市域の養蚕業 二俣繭市場の成立と変遷 市場の取扱量及び集荷先
蚕業取締所 市域の製糸工場
■■■■■■
■■■■■■第三項 市域の諸企業■■六九七
■■■■■■■■二俣製氷株式会社 二俣魚市場 東洋紡績株式会社■■■■■■
■■■■第三節 電気事業■■六九八
■■■■■■■■天竜電力株式会社 沢丸川の自家発電 大地野沢○キ電気部
雨乞沢発電所 タンタイノ第二発電所
■■■■■■
  ■■
■■第六章 金融■■七一六
■■■■総論■■七一六
■■■■第一節 金融機関■■七二〇
■■■■■■第一項 第百三十八国立銀行■■七二〇
■■■■■■■■成立過程 株主構成 職員及び業務機構 運営
遠州紡績会社との関係 おわりに
■■■■■■
■■■■■■第二項 株式会社百三十八銀行■■七三二
■■■■■■■■成立過程 株主構成 東京支店 人事構成と役割 営業及び運営
下阿多古ほか三支店開設 おわりに
■■■■■■
■■■■■■第三項 二俣銀行■■七四四
■■■■■■■■成立過程 役員構成■■■■■■
■■■■■■第四項 その他の銀行■■七四六
■■■■■■■■横山銀行 熊村銀行 光明銀行 二俣貯蓄銀行■■■■■■
■■■■第二節 庶民の金融■■七五五
■■■■■■第一項 講■■七五五
■■■■■■第二項 産業組合■■七五七
■■■■■■■■有限責任二俣町信用組合 有限責任船明信用組合
有限責任阿多古信用組合
■■■■■■
  ■■
交通・通信編■■■■■■
■■第一章 道路建設の変遷■■七六七
■■■■第一節 篤志家による道づくり■■七六七
■■■■■■■■鳥羽山峠新道 轟橋 落合橋 双竜橋 山東の追分橋
二俣・領家往還 神田坂の開さく 石神の石隆橋 東部新道
横山・熊往還 笹岡山新道 森・二俣往還
渡ヶ島字十郎道路 大園道路
■■■■■■
■■■■第二節 道路組合の時代■■七七八
■■■■■■■■見付・二俣間道路 森・二俣間道路 山梨・二俣間道路
浜松・二俣間道路 河輪・二俣間道路 笠井・二俣間道路
二俣・熊間道路 二俣・犬居間道路 横山・熊間道路
宮口・石神間道路 渋川・熊間道路 二俣・水窪間道路
阿多古・鹿島間道路
■■■■■■
■■■■第三節 道路組合時代の町村等の単独事業■■七八九
■■■■■■■■下阿多古村の道路整備計画 熊・落合往還 天竜橋の架橋
熊村の大地野隧道 熊村の西神沢道路
■■■■■■
■■■■第四節 道路法施行以後■■七九七
■■■■■■■■県道横山・熊線 県道熊・小松・天竜川停車場線 県道天竜・東栄線
県道両島・二俣線 一般国道一五二号 天竜橋から鹿島橋へ
市道仲町・山王線 工兵隊の道路建設 新鳥羽山隧道
二俣町の市街化
■■■■■■
  ■■
■■第二章 交通■■八〇八
■■■■第一節 道路交通■■八〇八
■■■■■■■■人力車 乗合馬車 乗合自動車■■■■■■
■■■■第二節 渡船■■八一六
■■■■第三節 河川交通■■八二二
■■■■■■■■水路と船の改良 通船業の発達 乗合船 河川交通の盛衰
飛行艇 河川交通の終息
■■■■■■
■■■■第四節 鉄道■■八三〇
■■■■■■第一項 実現しなかった鉄道計画■■八三〇
■■■■■■■■掛川鉄道 秋葉鉄道 西遠馬車鉄道 人車鉄道
北遠電気鉄道 磐田鉄道 遠州軽便鉄道
■■■■■■
■■■■■■第二項 実現した私設鉄道■■八三四
■■■■■■■■遠州鉄道西鹿島線 光明電気鉄道■■■■■■
■■■■■■第三項 国有鉄道■■八四〇
■■■■■■■■二俣線 佐久間線■■■■■■
  ■■
■■第三章 通信■■八四七
■■■■第一節 郵便■■八四七
■■■■■■■■飛脚 郵便のはじまり 市域の郵便の発達■■■■■■
■■■■第二節 電信■■八五二
■■■■■■■■電信のはじまり 二俣郵便局の電信業務 市域の電信の発達■■■■■■
■■■■第三節 電話■■八五四
■■■■■■■■電話のはじまり 二俣電話所の開設 特設電話設置運動
市域の電話の普及
■■■■■■
  ■■
教育・文化編■■■■■■
■■第一章 学校教育■■八六一
■■■■第一節 学制公布以前の庶民の教育■■八六一
■■■■■■第一項 寺子屋の教育■■八六一
■■■■■■■■寺子屋の普及 市域の寺子屋■■■■■■
■■■■■■第二項 明治初期の寺子屋■■八六二
■■■■■■■■熊地区の寺子屋 寺子屋の経営■■■■■■
■■■■第二節 学制公布と小学校の開校■■八六四
■■■■■■第一項 学制の施行と基本構想■■八六四
■■■■■■■■学制の公布 基本構想■■■■■■
■■■■■■第二項 浜松県の学制対策■■八六六
■■■■■■■■学区取締の任命 小学区画章程公布と学校の位置■■■■■■
■■■■■■第三項 市域内小学校の開校■■八六八
■■■■■■■■二俣学校の創設とその分校 横山学校の創設とその分校
石神学校の創設とその分校 教場の確保 本校の新築 学制期の教員
■■■■■■
■■■■■■第四項 小学校教育の実態■■八七七
■■■■■■■■教則と授業法 教科書 始業・終業の時期と休業日
就学状況と裁縫科の加設 試験制度 授業料
行政区画の変遷と学区番号
■■■■■■
■■■■■■第五項 教育区会と学区変更の嘆願■■八八七
■■■■■■■■十七小区の教育区会 学区変更の嘆願■■■■■■
■■■■第三節 教育令期の小学校■■八八九
■■■■■■第一項 教育令と改正教育令■■八八九
■■■■■■■■教育令の公布 教育令の改正 教科書 学区改正と学校の変遷■■■■■■
■■■■■■第二項 改正教育令期の就学の実態■■八九五
■■■■■■■■就学の督促 学齢就学調査簿■■■■■■
■■■■第四節 小学校令公布と義務教育の確立■■八九九
■■■■■■第一項 学区の改正と教科書の検定制度■■八九九
■■■■■■■■小学校令の公布 学区改正と学校の位置変更
課程表 検定制度の教科書
■■■■■■
■■■■■■第二項 町村制施行と学区及び小学校の形態■■九〇四
■■■■■■■■副学科の設置 町村制施行と学区 二俣高等小学校の誕生
簡易科設置の学校
■■■■■■
■■■■■■第三項 教育勅語の発布と小学校教育■■九一二
■■■■■■■■明治二十三年の小学校令 教育勅語の発布と御真影拝戴
祝日・大祭日の儀式と唱歌科 教育勅語と修身科 小学校補習科
単級の小学校 学校沿革誌の編さん
■■■■■■
■■■■第五節 義務教育制度の整備と教育諸活動■■九二四
■■■■■■第一項 国定教科書と義務教育年限の延長■■九二四
■■■■■■■■明治三十三年の小学校令 週教授時数と学級編制
棒引きがなの教科書 国定教科書の成立
義務教育年限の延長 学科課程の改訂
■■■■■■
■■■■■■第二項 幼稚園の誕生と高等女学校の創立■■九三四
■■■■■■■■町立二俣幼稚園 二俣高等女学校の創立■■■■■■
■■■■■■第三項 学校行事と教育活動■■九三七
■■■■■■■■学校諸行事 教具と学用品 教育会の組織 第三期国定教科書
複式学級の緩和策 少年野球の普及
■■■■■■
■■■■■■第四項 大正デモクラシーの風潮と小学校教育■■九五〇
■■■■■■■■児童の表現活動 郷土教育 第四期国定教科書
二俣実業学校の開校
■■■■■■
■■■■第六節 戦時体制下の学校教育■■九五五
■■■■■■第一項 皇国民練成のための国民学校■■九五五
■■■■■■■■国民学校の成立 練成の場 横山国民学校の剣道■■■■■■
■■■■■■第二項 空襲下の国民学校■■九五九
■■■■■■■■学童集団疎開受け入れ 空襲下の学校■■■■■■
■■■■■■第三項 学徒勤労動員の強化■■九六三
■■■■■■■■二俣高等女学校の勤労動員 二俣商業学校の勤労動員■■■■■■
■■■■第七節 終戦と教育制度の改革■■九六五
■■■■■■第一項 占領下の教育■■九六五
■■■■■■■■占領下の学校 すみ塗り教科書 御影・教育勅語の奉還
分冊仮綴の教科書
■■■■■■
■■■■■■第二項 新制の小・中学校、高等学校の発足と幼稚園制度■■九七〇
■■■■■■■■新しい小学校の出発 新制中学校の誕生 高等学校の発足
町立二俣幼稚園
■■■■■■
■■■■■■第三項 教育委員会法の成立と教育関係団体■■九七七
■■■■■■■■教育委員会の成立 教職員組合と教育研究会■■■■■■
■■■■■■第四項 学校給食制度と教科書検定制度の復活■■九七九
■■■■■■■■戦後のミルク給食 検定教科書の採択■■■■■■
  ■■
■■第二章 社会教育■■九八二
■■■■第一節 明治後期以後の社会教育■■九八二
■■■■■■第一項 勤労青少年の教育■■九八二
■■■■■■■■青年会の夜学 実業補習学校■■■■■■
■■■■■■第二項 軍事教練強化の教育施設■■九八六
■■■■■■■■青年訓練所の設置 青年学校の設置■■■■■■
■■■■■■第三項 銃後の婦人教育と婦人団体■■九九〇
■■■■■■■■母親学級の開設 婦人会■■■■■■
■■■■第二節 戦後の社会教育■■九九二
■■■■■■第一項 成人教育■■九九二
■■■■■■■■PTAの発足■■■■■■
■■■■■■第二項 婦人教育と青年学級の開設■■九九四
■■■■■■■■婦人会と学習 青年学級の開設■■■■■■
  ■■
■■第三章 文化■■九九七
■■■■第一節 宗教■■九九七
■■■■■■第一項 神道の国教化■■九九七
■■■■■■第二項 上知令と寺院整理■■一〇〇六
■■■■■■第三項 その他の宗教■■一〇〇七
■■■■第二節 報徳■■一〇〇八
■■■■■■■■下阿多古村 他の地域■■■■■■
■■■■第三節 庶民の娯楽■■一〇一二
■■■■■■■■芝居・寄席 二俣遊郭■■■■■■
■■■■第四節 天竜市域の近代文人脈■■一〇一五
■■■■■■第一項 明治期の教養■■一〇一五
■■■■■■■■溝口暉里の和歌 俳諧教林盟社と古柏園 田代秋江の句集
俳人伊藤嵐牛の影響 いろは義抄など 女流俳人 本田羽山と春陽
渥美節斎・大柳英尚 二俣十勝の詩 天竜下りの文人墨客
月刊「淡江之燈」
■■■■■■
■■■■■■第二項 大正期の文芸活動■■一〇二五
■■■■■■■■眠鷗吟社の献句 鈴木覚馬の内山眞龍翁伝 光明之友
熊村の文苑 俳誌阿多古川 出来合の文明 二俣こども会
■■■■■■
■■■■■■第三項 戦時体制下の文芸■■一〇二九
■■■■■■■■土龍会の俳句 大場亀吉の郷土史稿
小山正の「内山眞龍の研究」 けしの実会
■■■■■■
■■■■■■第四項 戦後の民主化による文化活動■■一〇三二
■■■■■■■■みどり会の活躍 北遠文学会 あやめ俳句会 清川泰次のアトリエ
文芸誌鹿鳴野 二俣郷土文化研究会 油絵研究会アマトール
墨心のこと 富安風生の句碑 宮沢竜峡の俳句 大石三清の書
沖青魚の俳句 彫金家二橋美衡 日本画家秋野不矩
■■■■■■