浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

合併旧町村史

浜松市 合併町村史

天竜市史 上巻

天竜市史 上巻『天竜市史 上巻』

 天竜市役所 昭和五十六年





目次■■ ページ  画像 
自然環境編■■■■■■
■■第一章 天竜市の位置■■
  ■■
■■第二章 地形■■
  ■■
■■第三章 地質構造■■■■■■
■■■■第一節 断層■■
■■■■第二節 三波川変成岩帯■■
■■■■第三節 貫入岩■■
■■■■第四節 秩父古生層■■一〇
■■■■第五節 四万十帯■■一一
■■■■第六節 二俣地溝帯■■一二
■■■■第七節 万瀬地溝帯■■一四
■■■■第八節 洪積層(赤土)■■一四
■■■■第九節 沖積層■■一六
  ■■
■■第四章 気候■■■■■■
■■■■第一節 気候帯■■二〇
■■■■第二節 日本の気候■■二四
■■■■第三節 天竜市の気候■■二八
■■■■第四節 気候の変動■■三二
  ■■
■■第五章 動植物■■■■■■
■■■■第一節 天竜市の森林■■三七
■■■■第二節 照葉樹林■■三七
■■■■第三節 照葉樹林帯の農耕文化■■三九
■■■■第四節 茶とみかん■■四八
■■■■第五節 けもの■■四九
■■■■第六節 とり■■四九
  ■■
■■第六章 生活の場としての天竜市■■■■■■
■■■■第一節 すみか■■五四
■■■■第二節 農業の基本形態■■五九
■■■■第三節 道と川■■六一
■■■■第四節 天災■■六四
  ■■
原始・古代編■■■■■■
■■第一章 原始の天竜市域■■■■■■
■■■■第一節 人類の登場と天竜市■■六七
■■■■■■人類の化石 浜北人 先土器時代■■■■■■
■■■■第二節 農業以前の天竜市■■七二
■■■■■■土器と弓矢の発明 天竜市最古の土器 縄文時代の区分
中期縄文文化 後期縄文文化 晩期縄文文化
その他の遺跡と遺物 縄文時代のくらし 縄文時代の生活圏
■■■■■■
■■■■第三節 水田農業の開始と天竜市■■一三一
■■■■■■農業社会への転換 農業社会の発展■■■■■■
  ■■
■■第二章 古代の天竜市域■■■■■■
■■■■第一節 光明山古墳■■一三九
■■■■■■古墳の成立 光明山古墳 古墳時代の遺跡と遺物■■■■■■
■■■■第二節 天竜市の古墳群■■一五三
■■■■■■市内の古墳と副葬品 古墳群とその時代背影■■■■■■
■■■■第三節 律令制と天竜市■■一七〇
■■■■■■律令制 奈良・平安時代の遺跡と遺物 律令制下の天竜市域
律令制の崩壊
■■■■■■
■■■■第四節 山香郡の分置と天竜市域■■一九四
■■■■■■山香郡の分置■■■■■■
■■■■第五節 山香荘の成立と荘域■■一九六
■■■■■■山香庄 年貢・公事・夫役 浜松荘・阿多古郷
磐田郡山香郷 農民の生活と支配機構
■■■■■■
  ■■
中世編■■■■■■
■■第一章 鎌倉・室町時代■■■■■■
■■■■第一節 鎌倉時代の北遠地方■■二〇七
■■■■■■鎌倉幕府の成立 遠江守安田義定 承久の乱
天野氏の山香荘入部 鎌倉幕府の滅亡
■■■■■■
■■■■第二節 南北朝時代の北遠地方■■二二一
■■■■■■建武の新政 南朝と遠江 二俣郷 守護大名今川氏■■■■■■
■■■■第三節 室町時代の北遠地方■■二三五
■■■■■■室町幕府 斯波氏の遠江支配■■■■■■
  ■■
■■第二章 戦国時代■■■■■■
■■■■第一節 戦国時代の北遠地方■■二四五
■■■■■■応仁の乱 今川義忠の活動 今川・斯波両氏の対立
今川氏親の遠江進入 斯波義雄 今川氏に対する国人の動向
■■■■■■
■■■■第二節 二俣城主■■二五七
■■■■■■二俣城主の性格 瀬名一秀 朝比奈時茂 二俣昌長 松井貞宗■■■■■■
■■■■第三節 引馬城主の所領■■二七三
■■■■■■阿多古地方■■■■■■
■■■■第四節 今川氏の領国支配■■二七五
■■■■■■戦国大名今川氏 今川家臣団と軍事力■■■■■■
■■■■第五節 今川氏の民政■■二八四
■■■■■■今川仮名目録 土地と農民支配 農民の負担と階層 戦国時代の農村■■■■■■
■■■■第六節 徳川・武田両氏の対立と今川氏の滅亡■■二八九
■■■■■■桶狭間戦 遠州忩劇 二俣城の攻防■■■■■■
■■■■第七節 徳川支配下の北遠地方■■三〇六
■■■■■■大久保忠世の二俣城入城 徳川信康■■■■■■
■■■■第八節 堀尾氏の北遠支配■■三二〇
■■■■■■堀尾氏の北遠支配と転封■■■■■■
  ■■
■■第三章 中世の城・館■■■■■■
■■■■第一節 城郭■■三二九
■■■■■■中世の城郭 二俣城 鳥羽山城 笹岡城 高岡城 光明城■■■■■■
■■■■第二節 居館■■三三六
■■■■■■中世の館■■■■■■
  ■■
近世編■■■■■■
■■第一章 幕藩制確立期の天竜市域■■■■■■
■■■■第一節 政治情勢■■三四一
■■■■■■慶長の支配関係 徳川頼宣の北遠支配 大坂の役出陣■■■■■■
■■■■第二節 検地と支配機構■■三五二
■■■■■■慶長の総検地 寛文・延宝の検地 新田開発 寺社領安堵
朱印地と除地 天領と代官 郷宿と郡中総代 女・鉄砲改め
■■■■■■
■■■■第三節 年貢と諸役■■三七九
■■■■■■本途物成 永定免 小物成と立物二割出 山銭・山札銭・山手米
駒役 鉄砲役 網役 黐役 川船運上
高掛り三役 国役
■■■■■■
  ■■
■■第二章 近世村落の様相■■■■■■
■■■■第一節 村政のしくみ■■四〇一
■■■■■■村の構造 村役人 五人組 宗門改め 村の重要な書類■■■■■■
■■■■第二節 人々のくらし■■四一八
■■■■■■生活環境 獣害と鉄砲 火の用心 衣・食・住 総人口と世帯数■■■■■■
  ■■
■■第三章 天竜川の開発と農林業の発展■■■■■■
■■■■第一節 天竜川の榑木輸送■■四四七
■■■■■■榑木と日明御綱場 日明での榑木処分 榑木御綱役 榑木山番役
榑木筏役 山形屋 御綱留の廃止
■■■■■■
■■■■第二節 天竜川の舟運■■四六六
■■■■■■角倉船の出現 天竜川の通船 物資の輸送 鹿島十分一番所
塩見渡入会渡場
■■■■■■
■■■■第三節 焼畑農業と商業的農業■■四八九
■■■■■■焼畑農業 商業的農業 茶 椿 阿多古紙 農閑余業■■■■■■
■■■■第四節 林業の発達と推移■■五〇八
■■■■■■近世初期までの林業 育成林業 民間材の流通 
柿板と青山善右衛門 商業融資の活発化 材木取引資金
江戸城御用材 天竜林業の特色
■■■■■■
■■■■第五節 入会山と山論■■五三八
■■■■■■光明山山論 大谷山・大沢山入会山争論 阿蔵山入会山論■■■■■■
  ■■
■■第四章 幕政改革と村々の動き■■■■■■
■■■■第一節 正徳・享保期の改革■■五五一
■■■■■■村役人制度の改革 百姓代の出現 増免反対運動■■■■■■
■■■■第二節 寛政・天保の改革■■五六四
■■■■■■天明期の私領替え 寛政の改革 天保の改革 弘化期の私領替え■■■■■■
■■■■第三節 村方騒動■■五七四
■■■■■■長沢村騒動 大栗安村騒動 巡見使入用騒動■■■■■■
  ■■
■■第五章 江戸時代の飢饉と災害■■■■■■
■■■■第一節 飢饉と貯穀の奨励■■五八九
■■■■■■享保の飢饉 天明の飢饉 二俣村の打ちこわし 天保の飢饉
慶応の飢饉 貯穀の奨励
■■■■■■
■■■■第二節 水害と川除御普請■■六一一
■■■■■■江戸時代の水害 川除御普請■■■■■■
■■■■第三節 袴田喜長と鳥羽山の掘割■■六二四
■■■■■■二俣村名主袴田甚右衛門 水害になやむ二俣村 
鳥羽山堀割第一期工事 第二期工事
■■■■■■
■■■■第四節 大火と大地震■■六三五
■■■■■■大火に怯える村々 安政の大地震■■■■■■
  ■■
■■第六章 幕藩制社会の動揺■■■■■■
■■■■第一節 村落構造の変化■■六四一
■■■■■■分付百姓の自立 村入用の変化 農村分解の進行■■■■■■
■■■■第二節 農民闘争の展開■■六五六
■■■■■■無礼塩一件 弘化期の塩出入一件 船明村庄屋の不正
増助郷と代助郷 熊村の無宿人騒動 鹿島分一一揆
二俣蓑かぶり一揆
■■■■■■
■■■■第三節 幕末社会の不安と動揺■■六八七
■■■■■■異国船渡来と開国貿易 米価の高騰 長州征討と御用金賦課■■■■■■
■■■■第四節 江戸幕府倒壊前後の情勢■■六九五
■■■■■■「ええじゃないか」乱舞 中泉代官領から府中藩へ
遠州報国隊と勤王家
■■■■■■
  ■■
文化編■■■■■■
■■第一章 江戸時代の文化■■■■■■
■■■■第一節 江戸時代の天竜市域の文化■■七〇五
■■■■■■天竜市域の文人 俳諧 和歌 寺小屋 娯楽■■■■■■
  ■■
■■第二章 内山真龍の学問と研究■■■■■■
■■■■第一節 背景■■七三三
■■■■■■内山真龍■■■■■■
■■■■第二節 血縁地縁社会の俳諧志向■■七三五
■■■■■■青年期の真龍■■■■■■
■■■■第三節 賀茂真淵への入門■■七三八
■■■■■■賀茂真淵と真龍■■■■■■
■■■■第四節 賀茂真淵の指導■■七三九
■■■■■■明和二年の真龍 賀茂真淵の学風 歌文の指導
記紀会読会 真淵の真龍観
■■■■■■
■■■■第五節 渡辺蒙庵への入門■■七五一
■■■■■■蒙庵の講義と誘掖 真龍の交友■■■■■■
■■■■第六節 田中道麿への問学■■七五七
■■■■■■田中道麿と真龍 道麿書状にみる真龍の学問■■■■■■
■■■■第七節 著作活動■■七六六
■■■■■■著作一覧 出雲風土記解 遠江国風土記伝 新撰姓氏録注
国図 日本紀類聚解 真龍に託された課題
■■■■■■
■■■■第八節 真龍の今日的意義■■七九九
  ■■
■■第三章 信仰■■■■■■
■■■■第一節 神社■■八〇三
■■■■■■中世までの神社 江戸時代の神社政策 社領 祭礼
社殿 市内の神社
■■■■■■
■■■■第二節 寺院■■八一八
■■■■■■山岳信仰と仏教 天竜市内寺院の開創
江戸時代の仏教政策 市内寺院一覧
■■■■■■
■■■■第三節 民間信仰■■八四三
■■■■■■光明山信仰 秋葉山信仰 秋葉街道 講 石仏と小祠
自然信仰 市内の石仏・小祠一覧
■■■■■■
■■■■第四節 おこないと高踊■■八七一
■■■■■■おこないと田楽 懐山のおこない 神沢のおこない
詞章の検討 市内各地の伝承 熊平の高踊り 遠州大念仏
■■■■■■