浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 五

第三章 産業と文化の調和した都市へ

第五節 産業・経済

第三項 地域工業の変容と先端技術化

中小楽器メーカーの倒産と大手メーカーの電子楽器・電子機器分野への進出

中小楽器メーカー】
 ピアノを主力とする浜松地域の楽器産業は、世界一の楽器産地として成長・発展してきた。日本楽器製造を頂点にして河合楽器製作所がそれに続き、この二社が大手メーカーとして君臨してきた。ピアノは、この二社で約八十五%のシェアを占め、この後にアトラスピアノなどの中小メーカーと下請企業が、この産業の裾野を形成してきた。昭和五十年代から六十年代にかけての生産動向を表3―15で見ると、ピアノオルガンといった伝統楽器は逓減傾向にあり、特にピアノは同五十五年をピークに、それ以降生産高が減少していったことが分かる。昭和五十年代中頃になると国内需要の冷え込みと円高によって陰りを見せ始め、楽器産業の後退は構造化し始めた。特に、中小の楽器メーカーや下請企業は受注が減り、さらに、親メーカーからのコストダウン要請が強まっていった。また、中小楽器メーカーは韓国からの安いピアノの輸入によって打撃を受けることになった。昭和五十七年、小規模楽器メーカーであるトニカ楽器が倒産した。同社は「フリンゲル」・「シュラーゲル」のブランド名で縦型ピアノを製造販売していたが、楽器業界の販売不振で資金繰りが悪化し、倒産に追い込まれた。また、同六十年鍵盤ハーモニカのピアニカで知られる中堅楽器メーカー・東海楽器製造も事実上倒産した。同社は昭和二十三年、ハーモニカメーカーとして設立。その後、エレキギターやチェンバロに加えて教育用楽器ピアニカを製造した。しかし、ギターの販売不振からピアノ製造に移ったものの内需不振や円高が重なり低迷を続けてきた。さらに、日本楽器製造河合楽器製作所に次ぐピアノメーカーであったアトラスピアノ製造も、昭和六十一年事実上倒産した。同社は昭和三十年の創業で、グランドピアノやチェンバロの製造を行っていた。しかし、昭和五十五年をピークとして、それ以降はピアノ市場の成熟と電子楽器の急成長によりジリ貧状態が続き、負債総額約五十億円を抱えて倒産した。同六十一年九月、中堅ピアノメーカーである大成ピアノ製造も、主な取引先の一つであったピアノ販売店・東京ピアノの倒産が引き金になって自己破産に追い込まれた。同社は国内販売の不振に対応して輸出比率を二十%まで高めたものの、円高と韓国ピアノの攻勢で不振に拍車がかかり事実上倒産に至った。高度成長期に乱立した楽器メーカーも、昭和五十年代から六十年代にかけて消えていく企業が増加した。
 
表3-15 遠州の楽器生産高の推移
ピアノ
電気・電
子・ピアノ
オルガン
電子オル
 ガン

電子キー
 ボード
キーボード
シンセサイザー
ミニキー
ボード
楽器
クラシック
 ギター
電気
ギター
昭和48年
   台
308,437


   台
324,877
  台
196,299






  本
144,342
   本
499,889
  本
49,548
49年
338,869
291,734
206,422
151,365
340,799
29,331
50年
318,423
228,077
208,912
135,023
184,823
13,733
51年
332,291
219,997
233,642
131,521
275,698
21,765
52年
356,586
196,172
236,608
132,690
287,074
47,551
53年
366,916
128,523
266,380
145,075
208,029
59,267
54年
376,413
83,107
270,869
160,637
218,861
72,930
55年
394,147
87,643
292,640
173,638
196,745
47,150
56年
361,128
26,953
69,608
291,298
195,933
175,291
71,118
57年
327,394
25,685
44,233
233,486
196,650
102,435
80,101
58年
328,589
38,293
39,686
197,061
147,177
177,301
171,951
94,689
59年
299,122
19,150
24,537
226,508
217,464
188,089
320,954
103,145
60年
287,528
59,894
16,010
182,588
378,846
185,766
127,182
79,384
61年
283,655
57,872
12,131
151,812
651,737
230,605
80,850
116,118
62年
275,981
101,214
9,488
157,143
946,401
216,375
104,291
127,913
63年
282,428
148,580
140,208
797,732
84,206
3,112,001
234,082
119,986
106,449
平成元年
268,947
160,453
123,362
739,013
44,787
2,307,592
259,875
116,587
88,441
出典:『浜松市統計書』各年版より作成
注:オルガンは昭和63年より調査中止。