浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 三

第四章 市制の施行と進む近代化

第三節 社会運動

第二項 労働運動と小作争議

日楽争議

 この嘆願書は職工代表後藤兼太郎松下喜代司近田寅三の三名と、浜松合同労組々合長島津寿平・評議会中村猛人の二名と、計五名によって提出された。会社側は①組合代表者を除くこと②職工代表の署名をすること③回答の日限を定めるのは不穏当だとして受理を拒んだ。このため職工側は会社側の勧告をいれて、組合代表者を除き職工代表者三名の氏名を記載して翌二十二日に提出した。