浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 三

第四章 市制の施行と進む近代化

第二節 近代産業の発達

第三項 遠州織物

織機製造工業の勃興

 須山謙一郎は明治二十年の創業。小豊田といわれ、池谷七蔵は明治三十八年四月天神町村馬込に日本織機株式会社を起している(同四十四年解散)。鈴木道雄(浜松菅原町今村幸太郎の弟子)は明治四十二年天神町村中島新田に鈴木式織機製作所を創立し、大正九年株式組織とし浜松相生に新工場を新設移転した。明治四十四年道雄の発明した杼箱上下器は足踏織機の革新といわれ、当時としては新しい月賦販売によって販路をひろめた。力織機ではサロン織機も優秀で、この織機を用いた製品サロンは南洋方面へ輸出され、遠州輸出織物の一転機を画したといわれる。現在の鈴木自動車工業株式会社の前身である(大正十三年職工数九八名。鈴木自動車工業株式会社『四十年史』)。