浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 三

近代編

第二章 近代浜松の基礎

第四節 社会と文化

第六項 医療と衛生

浜松医学校と七科約説

 つぎに併設された附属医学教場(通称浜松医学校)について述べよう。【生徒】生徒には本科生(満十六歳~二十五歳)・級外生(十四歳~十七歳)・員外生(二十六歳以上)の三種があり、全生徒数四十名(明治九年)、本科生は「毎級半年ヲ以テ一期ノ課業ト定メ」られて、第六級(化学)・第五級(解剖学・生理学)・第四級(薬物学)・第三級(病理学)・第二級(外科学)・第一級(内科学・病床実際試術)の六級に分けられていた。【教員】また教員には虎岩武(安政三年飯田生、明治二十七年没、三十八歳)・中西玄仙河合虹平奥田喬治柴田邵平太田用成などがあった(『明治十年浜松病院医会日記』)。

七科約説