浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 ニ

第七章 文化の興隆

第五節 庶民の教養・娯楽

一 俳諧

俳諧の庶民化

 【普大寺 完来芭蕉句碑】寛政二年(一七九〇)浜松普大寺の庭に芭蕉の「白露もこほさぬ萩のうねり哉」と刻んだ句碑が建てられた。前にのべた白輅徐生柳也・知白などの月並会の人たちが建てたものと思われる。雪中庵四世完来の染筆で、このころ完来が浜松を訪れたと考えられる。
 普大寺は明治初年廃寺となり、句碑は伝馬町に移された(大正年間にふたたび鴨江の遊郭に移されたが、昭和二十年の戦災で破壊)。