浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 ニ

第七章 文化の興隆

第一節 寺院と神社

浜松の寺院

 時宗 教興寺(伝馬町、現在中沢町)開創は遊行僧教興。勘間道場と称した。初め勘間(今の馬込という)にあったためという。朱印六十五石。塔頭(たっちゅう)として境内に長徳院清泉庵(いずれも廃寺)があった。また教興寺末として浄鏡院(鍛冶町西側、廃寺)があった。