浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 ニ

第七章 文化の興隆

第一節 寺院と神社

浜松の寺院

 真宗 本称寺(白山下、現在元魚町)貞永元年池田庄専信坊専海(専海は親鸞の臨終を見守ったという。伊勢市専修寺『親鸞自筆御本書、専信別筆』)の開基という。芳蘚寺(下垂町、現在池町)もとは天台宗だったという。下垂に道場を開いたのは元亀三年で、芳蘚寺を称したのは慶長八年という。松林寺(名残)もと天台宗という。松林寺と称したのは元亀三年という。善正寺(紺屋町)名残町から移って善正寺と称したのは元亀二年という。蓮華寺(紺屋町、前述第二章第六節参照)。齢松寺(後道、現在中沢町)開創は明応九年という。