浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 ニ

第三章 浜松城下町の形成

第一節 浜松城

城郭

 名残口(なぐり)(名栗口)は作左曲輪の付近にある。組屋敷から成る名残から名残町(現在鹿谷町)を経て三方原(みかたがはら)方面への通路で、二重の木戸があり、番所(梁九尺・桁三間)があった。