浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

浜松市史 ニ

第二章 近世初頭の浜松と徳川家康

第五節 浜松移城

浜松築城

 家康は入城のとき引馬を浜松と改めたという。いまの当市曳馬町の地区にあたる付近は引馬引間匹馬曳馬などと書かれ、中世にはもっと広い地区が浜松荘という荘園であった。ここに家康によって命名されたと伝えられる「浜松」が当市の現実的な出発点となった。