中津川市/古文献アーカイブ

史資料

苗木城・苗木領関係資料

大名遠山家資料



 翻刻 (画像番号)
1 |2 |3 |4 |5 |6

<翻 刻>
 
史料番号二〇
 
遠山家文書番号一二八〇
 
1     画像(翻刻付)

 
明治七甲戌年八月
旧知事ヨリ東京府へ
           私儀
旧苗木藩知事奉職中士卒帰農
事件付別紙歎願書上申仕候間
其御筋江被仰立被成下候様奉
願候也
     第三大区八小区
       赤坂仲之町十六番地
明治七年     華族
   八月廿三日 従五位遠山友禄 印
 
2     画像(翻刻付)

 
東京府知事大久保一翁殿
 
 
明治七甲戌年八月
旧知事ヨリ東京府へ
                私儀
旧苗木藩知事奉職中士卒帰農事件ニ付別
紙歎願書上申仕候間其御筋へハ被仰立被
下度奉願候也
      第三大区八小区
         赤坂仲之町十六番地
           華族
明治七年八月廿三日   従五位遠山友禄
 
東京府知事大久保一翁殿
 
3     画像(翻刻付)

 
    叩頭泣血奉歎願
               私共儀
過ル庚午年十月藩制御変革被 仰出被為省
冗員候節要路役々ヲ以帰農之儀強勧ニ付退而
惟ルニ祖先より僥倖之恩禄叨りニ世襲シ功労モ
ナク徒牛糜食仕候者慙懼之至速ニ御説諭ニ服従
シ世禄奉還帰農可奉願理者雖愚了解仕候得共
奈何セン立錐之地モ無ク甗石之儲モナク不慣習ノ業モ
移り前途目的難相立ヲ以多分難渋之旨申立候処
登時之大参事より一同一轍ニ帰農可相願旨厳ニ説
諭致サン資本トシテ耕地分與之調も有之具ハ各自ノ
負債償却致シ可遣旨兼テ達有之猶苟且不服
之者咎ヲモ可受形勢相見不得止事情ニ付一同世
 
4     画像(翻刻付)

 
禄奉還帰農奉願候処同年十二月御聞届之
上士族へ三ヶ年之間御扶助米三石六斗ツゝ被下置候処
其頃奉職之者并聊耕地所持之者エハ余人ヲ以御説
諭有之無余義及上納候者モ有之卒共エハ一時米壱
石五斗宛被下置然ルニ其節勤務之卒エハ下シ不給
其他耕地御分與モ無之負債償却モ不被成下候
得共一同日夜苦辛農畝ニ従事シ商業ニ奔走
仕候ニ茂固ヨリ資本無之又可耕地ナケレハ生計日々月
々匱竭スルヲ憂ヒ焦慮痛心中知事御免職御帰京
後豈図ンヤ積年拝借地ト唱各自ニ耘耨仕居候田畑
并旧来ノ拝借金等ニ至ル迄御取上ヶ相来田畑ハ特ニ
過番之代価ヲ以御払下被申渡且於藩庁旧城并ニ
附属諸道具類及御住居ノ家作地所其外山林竹
木士卒従来拝借之田畑等払下代金其他村ニ貢
納未進モ数多有之分共一時取立相成等莫大之
入金モ御座候処各自之私債ハ僅カ利支ノミ被下原金
償却之儀ハ破談ノ旨ニ付一同甚タ愕然失措曩ニ帰
農強勧之趣意ト睽皆スルヲ以何レモ不服ノミナラス後来
之目的大ニ齟齬困迫ニ不堪御引渡之期ニ至り岐阜県
庁へ愁訴可仕ト評談中旧大参事共ヨリ説諭抑制
之次第モ有之候間差扣罷在其後無余儀昨癸酉年
中岐阜県庁へ属歎願仕候処小崎参事殿ヨリ諄ニ
御説諭ニハ難渋之次第深ク相察候得共元苗木藩
知事ヨリ窺ヲ経取計相成候事故現今平民之身分
御扶助可被下謂レ無之不条理之儀ハ難聞届旨被
仰渡候ニ付無拠帰邑猶種々遂尓談候処此侭ニテハ
 
5     画像(翻刻付)

 
糊口之道ナク眼前妻子ト倶ニ凍餒ニ苦ミ他方之流離
顛滞シ親子兄弟離散之者モ不尟之カ為メ旧城
下殊ニ索然衰弊営業スル不能国境四民窮迫ニ
及自然動揺等ノ変ヲ生シ
聖化之累ヲ為サン事ヲ痛心罷在候噫叶私共義何
之罪戻モナク不幸恩沢ニ漏レ日新之盛世一民
モ安堵セサルナク童幼モ学ニ入ルノ明時ニ遇ヒ自ラ此
苦ニ罹り子アリ教養スル資ナク痛哭流涕スルヲ御
憫諒被成下度素ニ見込不相立帰農御差止之御
趣意有之ノミナラス卆ラヲ士籍へ御引上ヶ相来候程之
儀嚮ニ一同江帰農強勧之旨ト御時勢大ニ変埧
仕頃日者府県貫属百石以下家禄奉還之者へ
為資本禄高六ヶ年分下賜ノ外低価御払下地
等モ御評シ相成無禄ノ士族ニ被立置候旨誠ニ以テ
至仁之御趣意ナルニ其至仁ノ御趣意ト相悖戻シ耕
地分與ノ調并私債償却之御約定者結局詭譎ニ修
り咸ク旧藩庁処分ヲ過チ候義ハ奉存候間前条
事情ヲ陳述全国一般貫属之可蒙至仁之恩沢
ニ霑ヒ籍禄御復シ被下置候様無禄士族伏而奉
願候度若シ不相叶希ハ応該之資本金被下無
禄之士族被 仰付候共哀訴歎願御採用ヲ蒙
り飢餓凍餒之患ヲ免レ度奉存候右者知事
御奉職中之事件故無詒苦情ヲ御洞察可
有之間御仁恤被為垂至急其御筋へ被 仰立被
下候様叩頭泣血奉懇願候以上
       美濃国恵那郡
 
6     画像(翻刻付)

 
          元苗木藩士卆惣代
            旧卒族
明治七年八月       田口常三郎
             長谷川 庚
            旧士族
             箕田桂蔵
             福田忠蔵
 
     従五位遠山友禄殿
           閣下