中津川市/古文献アーカイブ

史資料

苗木城・苗木領関係資料

大名遠山家資料



 翻刻 (画像番号)
2 |3 |4 |5 |6 |7 |8 |9 |10 |11 |12 |13

<翻 刻>
 
管理番号 三二
遠山家文書史料番号 九三七
  葬儀要録抜書
 
2     画像(翻刻付)

 
       葬儀要録抜書
一 死体ヲ臥シメン所ニ先畳ニテモ薄縁ニテモ敷其上ニ薄団ヲ敷
  死体ヲ臥セシメ枕ヲハ東ニシテ面ハ北ニ向ハシメ手足ヲ核搔ツクロヒ
  其上ニ衣服ヲ覆ヒ枕ノ側ニ脇差ヲ置立塩ニテ死体ヲ清メ夫
  ヨリ枕上ニ机ヲ設洗米ヲ土器ニ盛リ片木ニ居テ備エ油火盛ヲ燈
  スベシ扨後チ皆々一応ノ拝礼ヲ成スヘシ其臥シメシ廻リヘハ屏風ヲ立
  廻シ[屏風ヲ逆ニ立留事習俗ナレ共イワレナキ 事ナレハ常ノ如ク立ヘシ]其側ニ親族一両人昼夜共離ルヘカラス
一 葬儀略ニ曰父母祖父母ヲ初メ其家ノ尊長病ム事アリテ云々
  カクテ気息絶ヌヘキ際ニイタラハ筆硯ヲ具ヘテ病床ニイタリ處
  トテ其姓名ヲ霊璽ニシルシサテ病者ニ向ヒテ其璽ヲ霊璽ニ
 
3     画像(翻刻付)

 
  遷サセ事ヲ微音ニ申スベシ其詞
  謹テ請白サク竒キ霊ヲ此ノ霊主ニ止給ヒテ子孫ノ継
  々長ク久ク祭祀受坐ト白ス
一 葬地ヲ撰ハンニハ先其土地ノ神ヲ祭ルヘシ穢ニ觸サル人ヲシテ其地ヲ
  掃ヒ清メ薦ヲシキ机ヲ置神坐ト成シ神酒ヲ備エ祭文ヲヨミ祭
  ノ作法有ヘシ其祭文ハ某ノ死体ヲ此處ニ埋ル由ヲ土地ノ神ニ告テ
  地ヲ借ル趣ヲ申ナリ又略シテハ祭文ニ不及兼テ定置タル墓
  地アラハ土地ヲ祭ラス
      葬地祭々文
  此所袁宇斯佩坐須大神ノ御前尓白左久今何某実名可奥墓
  所袁此所止定侍奴此状乎平計久安良気久聞召世止奉留此御祭袁
  受左世給比長久久久平良加尓令在賜倍止恐美恐美毛白須
一 葬儀略日塋域ヲ開カンニハマツ土地ノ神ヲ祀ルヘシソハ必穢ニ
  觸サラン人シテ其地ヲ掃ヒ清メ薦ヲシキ案ヲ立テ神坐ヲ設ケ
  [神座ハ案上榊木ヲ建 垂ヲツケテ此毛呂岐トセヨ]奉幣酒饌魚蔬藻菓ヲ供ヘ祭ノ作法常
  ノ如クニシテ其諄辞
    此乃地袁宇斯掃坐須大神乃大前尓白佐久這尓某官
    位姓名乃為尓此所尓新尓奥都棄尸袁為営弖御酒
    御饌幤帛備奉弖祈白須状乎平良尓聞召弖此乃奥都
    城尓長久久久災無久平加尓令在賜閉止畏美畏美母白
    須
一 死体ヲ沐浴セシムルニハ夜ニ入テ致スヘシ十二時計過タルヲ宜シトス 扨剪
 
4     画像(翻刻付)

 
  爪理髪終ラハ其身ノ盛服ヲ着シメ棺内ニ納ヘシ常ニ手馴ノ品々ヲ
  棺内ニ添収ノ事終リナハ静ニ蓋ヲシテ坐敷ニ薦ヲ敷其上ニ移ヘシ
  其側ニ榊壱本ヲ立[棺前ノ作法済テ 後墓上ニ立ル料也]其前ニ机ヲ設ケ浄水一碗散
  米大麻ヲ木ニ麻荢ヲ結ヒ付シ物也備ヘ左右ニ燈台ヲ置[柩ノ前ニ祓具ヲ 設置事ハ亡者ノ]
  [罪穢ヲ解除 スル意得ナリ吾身穢悪ヲ清ル料ニハアラス]又供酒[瓶子又ハ 陶ニ盛]供饌[飯汁菜 蔬如常]肴[干魚 生魚]
  菓子ノ類其外在生ノ時格別ニ好タリシ物ハ求テ備フベシ何ニテ
  モ備ヘスト云限リハナケレト惣テ家ノ有無ニ随フヘキ事肝要ナリマタ霊
  前ニ供シタル魚味蔬菓ニ至ル迄下ゲタル物ハ謹テ食スベシ私ニ魚味ウ
  マキ物ナト喰フヘカラスカヘリテ喪ノ実意ヲ失フ事アレハヨクヨク心ヲ用
  ヒツヘシ又嗅気ヲ除ク為ニハ香ヲ焼ク事ハアレト霊前ニテハ必用ヒス草
  木ノ花ニテモ嗅香ノ花ハ用ヒサルベシ
一 霊号ハ何某ノ霊ト定メ位牌ヲ設ケ祭ノ式アルヘシ喪主ノ者祭主
  ト成テ祭文ヲ読ミ酒饌玉串等ヲ備ヘ祭ル也喪主ハ哀ニマキレ諸事
  ニ行届キ申サス故ニ親族ノ内又ハ組合ノ者ヲ頼テ式者トナシ悉
  ク夫ニ委ネテ執行ハシムベシ又霊号ハ実名詞名謹語名等随意タル
  ヘシ男女ニヨリテ其書様アリ
    男 何某霊        男子 何童霊
    女 何某女霊       女児 何童女霊
        霊号定之祭文
  謹而白左久喪主何某実名哀伎可毛痛志岐可毛父止坐奴留何某実名
  乃君波毛病免留々事無久今年号年干支月日剋此世喪捨
 
5     画像(翻刻付)

 
  弖彼世閉止死徃給奴阿那哀[伎可 毛]痛志伎可毛今波唯御心乃清支正伎
  真心ヲ継奉弖事尓勤美道尓恊閉弖大御魂袁慰米奉而
  己也故其祭奉留御号袁何何乃霊止定奉侍奴憐礼霊
  与神乃御門乃常世辺乃常盤尓堅石尓吾家吾世乎守世給
  閉止謹而白須
一 出棺前饌ヲ備ヘ人々拝礼ヲ成スヘシ祭文玉串抔有ヘシ尤略シ候ヘハ
  夫ニ不及
     但霊号出棺同日ナレハ両度之祭ヲ合セ一度ニ成スヘシ又葬地
     ニ至テノ祭式モ葬地ニ而其式出来カタキ分ハ出棺前祭
     文ヲヨミ一同ニ致シテモ宜
             出棺前祭文
     謹弖是乃柩乃御前尓白左久今定里乃随雖有哀比ヲ送出
     志奉弖地名止云所尓蔵米侍奴故霊[波志 毛]霊代尓留里坐
     天末長久奉留祭受左世給倍止白須
一 葬送之供ハ其身存生之格ニ応シテ御制アリヌ貴キハ賤キニ同
  シテ賤ハ貴キ尓同シキ事ヲヱスト令ニモ出タレハ其家々ノ有無ヲ考
  ヘ質素ノ品ヲ用ヒ無益ノ飾有ヘカラス其用意スヘキ品々左ニ
提灯
銘旗


 
6     画像(翻刻付)

 
   但竹ニテ作リ柄ヲ五寸計リ紙ニテ包ム喪主ノ持料ナリ
  松明
   但途中松明ヲタク事本儀ナレ共今ハ挑灯ヲ燈ス事ト
   成タリサレ共市中外ニテハ松明ヲ用ル也
  薦
  位牌
  墓誌
   但仮リニ角木ヲ用ヒ後石二改ムベシ
  水器
  榊
  注連縄並笹
 
  夜燈
  薪
一 葬地ニ至ラハ薦ヲ敷柩ヲ中央ニ置廻リニ諸道具ヲ立左右ニ庭火
  ヲタキ喪主始親類並吊ヒノ者ニ至ル迄各蹲居セシメ此時祭主起
  テ正面ニ向ヒ手ヲ拍チ拝ミテ祭文ヲ読ミ又手ヲ打拝シテ本ノ座
  ニ着ベシ扨拝礼ノ仕様ハ先ツ身近キ人ヨリ順々ニ進ミテ拝礼
  有ベシ其後柩ヲ坑庭ニ埋メテ旗提灯抔モ葬穴ニ入ル其上ニ墓誌ヲ仮ニ
  角木ニシテ立ベシ認方ハ
       男何某之墓
       女何某女之墓
 
7     画像(翻刻付)

 
  是ハ謚名ニテモ俗名実名ニテモ宜シ何レモ墓ト記スベシ
   但親類之内ヨリ便宜ノ処ヘ出テ吊ヒ之人ヘ挨拶有ベシ
  墓所ハカノ角木ヲ中ニ立テ其側ニ榊ヲ立ベシ[此榊ハ家ニテ柩ノ前 ニ立置シ榊ナリ]
  其前ニ水ヲ供シ又左右ニ花ヲ供ヘシ其四方ニ杭ヲ立葉付竹
  ヲ立注連ヲ引メクラシ置へシ
   但略シ候ヘハ二本竹ニ注連ヲ横ニ引テモヨ ロシ
      葬時祭文
   謹弖白左久喪主何某実名哀[伎可 毛]痛[志岐 可毛] - 乃君神御
   号 - 乃霊今月日剋御体乎此地名止云所尓蔵米
   侍祭侍奴此[袁志 毛]千世尓八千世乃御住處止鎮里坐弖御
   霊[波志 毛]天翔弖祭布所尓到里来里神乃御門乃常世辺乃
   常磐尓堅磐尓吾家吾世乎守世給閉止白須
一 葬送終リテ家ニ還ラハ先霊檀ヲ設注連縄ヲ引神水ヲ置草
  木ノ花[造リ花 不用]ヲ立位牌ヲ安置シテ酒饌ヲ供スヘシ都テ喪ハ悲
  哀ヲ本トスレハ其易カランヨリハ寧イタメヨトノ語モ有之恭敬ヲ尽シテ
  朝夕祭ルベシ此後ハ五日目十日目夫より十日/\ヲ節ト定メテ五十ケ
  日迄ノ祭ナリ五十ケケ日ノ祭リ終リナハ霊檀ヲ撤シ去リテ先霊ト
  一同ニ合シテ祭ベシ
一 葬儀畧曰霊璽ヲハ五十日ノ後家苗ニ安措(おさめ)ヨ其日ハ酒饌ヲ供テ祀
  レ其祭詞
 
8     画像(翻刻付)

 
  其名謹敬比弖某乃御霊乃大前尓白左久物母覚エ奴間尓日月
  乃去礼波今日乃吉日乃良辰尓御灵代乎此乃霊舎尓奉齋里
  山海乃御饗奉供弖奉欽慕状乎平気久聞食弖長閉尓此
  處尓鎮里坐世登白須
  辞別弖遠都御代々祖等乃御前ニ白左久今日吉日尓在波
  某乃御霊代乎此乃霊舎尓奉移止志弖奉流数種乃御饌物
  乎相嘗尓聞食諸共尓相宇豆奈比坐弖家門高久広久
  裔孫等乎遠久長久幸陪恵給閉止頸根突抜弖白須
    年祭々文
  謹弖白左久何某実名今年号年ヲ支月何々霊何
  年乃御祭リ仕奉止今供奉神酒御飯乎初弖種々乃
  物共平気久安良気久受左世給閉阿那哀支可毛阿那尊支可毛
  何 - 霊与阿那想比忍[波留々 加毛]
   五十日百日杯之祭ハ此祭文ヲ取直シ候而相調候ハハ宜
   事
一 葬祭ハ人道之為重訳ニ付実意ヲ専トシテ血縁之近キ者
  ヲ以祭主トナスベシ
一 葬事略記ニ日人ノ子タラム者父母ノヨハヒ五六十歳ニモ至ラバ請
  テソノ肖像ヲ写シ云々既ニ息絶ナハ家ノ神明ヲ封ズベシ是
  ヨリ棺ヲ作ル其用材ハ柀[サワラ トモ云]ノ木ヲ用フベシ是神代ノ御掟ナ
 
9     画像(翻刻付)

 
  リ[此木ナクバ松ノ木ナト 用フベシ桧杉ノ類用フヘカラズ]作リヤウ其人ノ丈ニ応ジ臥タルママ衾褥
  ト共ニ収メラルルヤウニスベシ死者ノ衣服改ムヘカラズ唯新衣一枚
  ヲソノ上ニ着スベシサテ棺ニ移シテ面尓覆ヲナシ礼服刀剣等
  ハソノカタシロヲツクリ其人ノ手ナレノ品ドモ添ヱ納メ中ヲ動カヌ
  ヤウ尓[石灰或炭或ハ籾糠 等ヲ袋ニ入]堅クツメテ蓋ヲナシ釘ニテ固ムベシナホ
  四方内外トモ合縫メニ松脂ヲヌルベシ
    座棺ハ便利ナルヲ以後世然ヌレドモ死体ノ膝腰ヲ折リ屈
    メナドスルハ忍ヒサル事ナレバナルベク丈ハ臥棺ニスベシマタ死
    躰ヲ素裸ニシ沐浴スルナド其人ヲ恥カシムル理ナレハ然
    ル事ハスベカラス何ハカリ洗ヒテモ清浄ニハナラヌモノニテ
    携ハル者ハ深ク汚ルル事ナレバナリマタ死者ヲ長ク留
    置臭気ナド出ムモ亦其人ノ恥ナレバ其心配モアルベシ
一 依テ葬地ハナル丈深ク掘ラスベシ一丈ヨリ浅クスべカラス此設ナリ
  テ出棺スベシ
一 葬送ハ夜中ナルヘシ行列ハ松明[火ノ用心アシキ時ハ 提灯ニカユベシ]散米榊棺
  [之レヲ舁ニシ死者ノ足ノ方ヲ以テ先トス ヘシ首ノヲ先ニスルハ誤ナリ]ノヤウニ列フベシ其人ノ格
  式ニ準ヒ長柄傘打物鋒何ニテモ形式ヲ作リテ行列ハ現
  在ノ時ノ如クスベシ扨墓所ニ至リ予テ設ケタル所ニ南抗ニ埋
  メ石銅或ハ瓦ニ年号姓名之墓ト刻タル誌ニ収メ行列
  ニ用ヒシ不要ノ物ヲモ埋ムベシサテ此上ヲ堅ク築立テ四方ニ垣
  ヲ結廻シ獣ナドノ害ナカラシムベシ然シテ姓名之墓ト記シタル木
  標ヲ建榊ヲノ外供物ヲナシ此ニ集ヘル者モ榊或ハ花ナド供ヘ
  祭主祭文ヲ読ム
一 サテ葬ノ事畢テ河頭ニ至リ身滌ヲナシテノチ家ニ帰ルベシ
 
10     画像(翻刻付)

 
  家内モ亦不浄ナル物ヲ悉 ク捨テ掃除ヲナシ一ト間ヲ清メテ霊
  魂ヲ祭ルヘシ霊代ハ[肖像或ハ自筆 ノ物ヲ用ヒ]桜木ヲ笏ノ形ニ作リ姓
  名翁之霊謚号アラハ之ヲモ記スベシト書スベシマヅ床ニアラ菰ヲ敷机ヲス
  ヱ其上ニ霊代安置スベシ榊時ノ花清水酒飯魚蔬藻菓
  マタ生前ニ好メル品何ニテモ供フベシ命日ヨリ五十日ノ間カク
  供物ヲナシ皆々ウチ寄リ誅ヲ申スベシ又五十日ノ間墓参
  欠ベカラス
一 サテ五十日過ル日家内ノ大祓ヲナシ神棚ノ封ヲ解キ始テ神
  前ヲ拝ス此日右霊代ヲ先祖ノ霊屋ニ合祭ルサテ年毎ニ
  命日ニハ親族ウチヨリ霊祭ヲナスヘシ一周期日ヨリ産土神
  ヲ始テ諸社ヲ拝シ奉ルヘシ
一 玉𧜎伊勢神宮触穢御令メノ件ニ曰○葬送ハ葬礼ノ役人ハ百日
  ノ穢葬ニ従フ者ハ七日ノ穢葬家ニ入ル者ハ三日ノ穢アリ委
  クハ本書就ヲ見ルベシ
 
        霊祭之條
一 先霊ヲ祭ルニハ墓所ヲ以テ本トスベシ祭レトモ毎日ノ拝礼又供物
  抔ハ墓所エ致シ難キ事ナレハ居宅中ニ霊屋ヲ設ケ注連
  ヲ引テ位牌ヲ祭リ毎朝   神明ヲ拝スルヨリ引続キテ是ヲ拝
  スベシ若シ身ニ穢有リテ 神明ヲ拝スル事ハ欠クルト云トモ此先
  霊ヲ祭ル事ハ欠クベカラス故ニ神明ト同棚ニ祭ラス別ニ霊屋
 
11     画像(翻刻付)

 
  ヲ設クベキ也又先霊代々ノ中ニモ父母殊更ニシタシク祭ルベシ
  スベテ祭リヤウハ其身ノ分限ト家ノ貧富ニモ寄ル事ナレハ
  一様ニ云カタシ併士以下ノ處ニテハ日々食スル物ノ清キ品ヲ備
  ヘ時ニ取テ珍ラシキモノ抔アラハ供フベシ
  祭リヲ重クスル時ハ式ヲ立テ祭ルベシ是又上中下ミナ分ニヨリ
  テ差別有ヘキ事也先家臣アル人ハソレヲシテ役ニ当主人
  祭主トナリテ其勤ヲ専トシ祭文ヲ読ミ又人々ヲ立ナラ
  ハセテ供物ヲ送ラセ祭主コレヲ供ヘ畢テ拝礼ニモ次第
  ヲ立テ玉串ナド相供ヘアツク霊ヲ尊フベシ亦サモアラヌ
  家ニテハ家内並来会セル親族ノ婦女ナトニ取運ハセテ
  供物抔致祭文玉串抔形ハカリノ事ニテモ取行ヒ実意
  ノ祭ヲ勤ムヘシ玉串ト云ハ榊ノ枝ニヌサヲ取付タルナリ榊ア
  ラス時ハ餘ノ樹ニテモヨロシ又小竹ニヌサヲ取付テモ備フル也何レモ拝
  スル時ソレヲ机ノ上ニ置テ手ヲウチテ拝ム事ナクマタ此時心ニ
  種々ノ物備フルコトドモコレアルナリ
  先祖並祖父母父母ノ日柄ハ毎ニ事ヲ慎ミ遊宴魚猟ナド最モ
  慎ムベシ世ニ祥忌日トイフ代々ノ祭日ニハ殊更謹慎恭敬ヲ尽
  シ墓リ菓子花葉ノ備ヘ抔怠ルベカラス饌ナト成丈心ヲ尽シテ
  奉ルベシ
一 春秋両度ニ代々ノ霊ヲアツク祭ルベシ正月元日二日三日七月朔日
  二日三日ヲ以テスベシ尤右年頭ニハ皆 神明ヲ祭ルコトナレハ夫ニ准
  ジ鏡餅蒒物等致シ神酒洗米等備フベシ七月ニハ此 神明ヲ祭ル式
  蒒ナキヨリ先霊ヲ祭ル一ト筋ナレハ殊更ニ心ヲ尽スベシネカハクハ位牌
  ヲ別席ニ出シテ時ノ品々又饌ヲモタツアリト供ヘテ諸先霊ヲ合セ祭
 
12     画像(翻刻付)

 
  ルベキ事ナリ此外毎月朔日或ハ五節句或ハ年越シ抔皆心ヲコメテ祭
  ヘシ是ミナ其身ノ祝ヒ事ヲイタスカクナレハ身ノ本タル父母先霊祭ヲ
  スレテハ叶ハサル事也マタ元服婚姻昇進代替リ年賀等身ニ吉礼
  ヲ行フ時ハ臨時ニ先霊ヲ祭ルベシ
一 スベテ祭ノ器ハ清潔ヲ尊フコト故白木ヲ用ル事ナレ共実ハ其家ノ
  有無ニヨル事ナレハ有来シ器ヲ清メテ用イテモ宜シ然レドモ銘々
  酒食ノ器聊麤ナルヲ用ヒテ其費ヲ祭器ニ用ヒテハ何ノ子細モナ
  キコトナルヘシ
一 供ヘ物ハモノニヨル事ナガラアマリ長ク置ハ不宜匂ヒヲ生スル物抔ハ
  別テノ事ナリ花葉ハ草木何ニテモ苦シカラス然シ悪臭有ルモノハ用
  ヒズマタ香ヲ焼テ悪臭ヲサラシ ムルコトアレドモ霊前ニテハ用ヒサルヘ
  シ
一 神事畧式 中祖霊祭次第
    予メ禊シテ儲霊座○先ツ進ミ霊前ニ揖○次ニ再拝拍ツ手ヲ
    霞○次ニ迎霊ノ詞○次ニ献饌ヲ○次ニ読ム祭文ヲ○次ニ撤ス饌ヲ
    ○次ニ送霊ヲ○次ニ再拝拍ツ手ヲ両段○次ニ退坐坐揖○次ニ直
    会
 
       迎霊詞
  遠ツ御祖四等祖等乃御霊幾坐此清米多留齋床尓天翔降
  坐万志弖例奉仕御祀亨坐万世止畏々美母白須
 
13     画像(翻刻付)

 
      祭文
   遠御祖四等祖等乃御霊ノ御前尓嗣孫某鹿自物膝折伏
   慎美敬比白左久月日如流之弖年毎尓奉仕御祭二月乃
   某日尓[或十一月 某日]成[奴礼 婆]今日乃御饗止奉留御酒波白木黒木
   止忌甕居並倍八百米杵築乃豊御饌海物野物非時乃
   菓尓至万弖種々乃物奉備親戚集侍弖恩頼尓奉報
   止之弖御祀奉仕状袁平尓安尓聞食弖子孫継々尓家門高
   久広久如茂弥木栄令立栄仮初事尓母邪意穢心不令在
   家業袁令勉勤禍神乃抂事無守給比弖御礼遠久長久令奉
   仕給閉止畏々美母白須
      送霊ノ詞畧之宜シク傚於他ノ例
   凡ソ祭醮先祖ノ霊ヲ者二月十一月[其十一月者 供新穀]一年二両次撰ヒテ其家ノ
   之吉日ヲ行フ之[謂吉日ト者祖先之誕日 或興業拝官等之日也]従前日斉戒シ夙興キ設ケ先
   祖乃四等祖之霊位[合祀先祖之霊為ヨ一坐考祖 曽祖高祖ヲ謂四等ノ祖ト也]供シ酒饌魚藻
   菜菓ヲ[生鮮 献之]祭事訖リテ撤饌ヲ為ニ割烹ヲ親戚知友曽飲シテ
   行セ直会ヲ須カラケベシ咲娯楽矣