中津川市/古文献アーカイブ

史資料

苗木城・苗木領関係資料

大名遠山家資料

書翰 変革一條に付伺い指令(一)


<翻 刻>
 
管理番号一九
 
 遠山家文書番号三三四
 
     申越之趣承届候乍去今日ハ当人
     不快故今日ニも及間敷と存候事
     何れ明日ニも相成申越候処を以相達候迚
     強而存寄無之候間宜敷執
     計置可申候
 
     過刻奉伺候件ニ
     御書下之趣奉畏候猶亦勘弁
     仕候処 御熟考之上奉蒙
     御沙汰候段至極奉恐入候就而者
     先右之趣を以御目付共より相達
     置候方可然哉事情切迫仕候間
     不計ニ等閑之場合ニ押移候而者
     甚以心配茂仕候ニ付今一応
     乍恐奉伺
     御賢慮候以上
       七月七日
 

書翰 変革一條に付伺い指令(二)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     青山佐次郎建白一条
     之故申越有之承知候右ハ
     篤与深慮熟考之上
     自是可申聞候事
 
        七日
 
        返報
 

書翰 変革一條に付伺い指令(三)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
       覚
     是迄有罪之者其科候
     依輕重追払申付候者
     有之候得共筋合不宜候間
     巳来差止可申候就而者
     右相当之咎品之儀篤与
     評儀致候可申聞候事
       辰四月
 

書翰 変革一條に付伺い指令(四)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     一昨夕遣し置候佐次郎
        一覧致度仍而
     建言書只今差越相申
     候事
       七日
 
     メ用事
 

書翰 変革一條に付伺い指令(五)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     書取之趣承置候乍去
     我等聊存寄候義有之候間
     何分不能面話且申達候義
     も難致事ニ候間一同
     此上者為当家尽力
     精勤可有之候事
       十二日
 
       返草々
 

書翰 変革一條に付伺い指令(六)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     書取之趣ニ而者今日之形
     勢旦夕ニ迫里苦心之由
     斯之姿ニ而日々及遅緩候
     而者亦定不容易時態ニ
     可相成痛心之由如何之
     訳柄ニ候哉我等ニハ一向相分里
     不申事ニ候是迄も何れも
     勝手向其外共苦心精勤
     致候処今斯俄ニ申
     越候儀難解事ニ候扨
     亦我等不快ニ付目通りも
     致兼候処より種々候事を
     設希申越候哉更ニ相分
     兼候兼々其方共
     職掌之事故三五日不快
     ニ候趣左而巳心配ニも
     及間敷何事も入念評
     議致し候様可致候
     不快申別而早々申達候事
       十一日
      メ
 

書翰 変革一條に付伺い指令(七)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     書取弐通及落掌候
     乍去今日ニ至り候而も
     未た左様なる儀而己評
     議致居候哉心底難
     分候夫よりハ事急之
     大事件今目前ニ有之
     右ニ着服無之ハ如何候
     事哉不審之至ニ候
     仍而前如弐之返答ニ及
     兼候事
      十二日
 
      返事
 

書翰 変革一條に付伺い指令(八)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     書取之趣承置候明日之義従
     只今何共難申病気之儀
     ハ扁鵲多り 共不被尽候事哉
 
      ◯荏苒タル弊風可歎一端也
 
     過刻
     御目見之儀奉願上候処精々
     御加養之上御気分御発達候者
     御沙汰可被下旨奉畏候今日者
     彼是夕刻ニ茂及候儀且御不例
     中強而相願候茂奉恐入候間
     猶精々御加養被為在明日
     御目見之儀奉願上候以上
 

書翰 変革一條に付伺い指令(九)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     過刻より耳鳴ニ而不自由故
     面話に及兼候事
 
     昨夕  御書付ヶ之趣篤ト
     熟考仕候処不容易時勢ニ
     立至り深御辛苦被遊候段畢
     竟私共不束至極更ニ奉申上様
     茂無御座重々奉恐入候乍併
     今此時腐り彼是奉申上候
     場合ニ無御座候間猶此上粉骨
     砕身仕上下一和之御所置被
     仰出候より外無御座候儀与
     奉存候事情切迫仕候何卒
     速ニ 御目見被 仰付
     御堅慮奉伺候様只管
     奉懇願候以上
 

書翰 変革一條に付伺い指令(一〇)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     精々加養之上気分発達候
     ハハ自是可申達候事
 
     無拠奉申上度儀御座候得共難書取
     儀ニ茂御座候間御頭痛気被為入
     奉恐入候得共是非壱人
     御目見奉願上度尤役所之者ニも限り
     不申候間御都合ニ寄御目付之内ニ而も
     宜敷御座候何分御許容之程奉
     願上候以上
 

書翰 変革一條に付伺い指令(一一)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
            小池傳兵衛
            神山健之進
            伊藤杢允
     存寄有之ニ付役儀
     差免席之儀ハ惣給人
     上席与相心得可申候
            千葉侑之進
     思召有之御役御免
     席之義者惣給人末
     席被 仰付之候
            幸纈荒五郎
            曽我多賀八
     思召有之御役御免
     席之儀者曽我六郎次
     席被 仰付之候
 

書翰 変革一條に付伺い指令(一二)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
     差扣伺承置
     翌日免候事   猪兵衛
 
     差扣伺戻候迄  権右衛門
     申候付六日目免候事
 
     差扣伺三日目免 健之進
          候事
 
     千葉と同様   忠左衛門
     神山ト同様   平馬
 

書翰 変革一條に付伺い指令(一三)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
    一今度之一条ニ付用掛り
             小池鍬之進
             元方両人
             目付共
             代官共
             勘定頭共
    一伊藤杢允千葉侑之進共
     遂而申付候事
 

書翰 変革一條に付伺い指令(一四)


<翻 刻>
 
     画像(翻刻付)

 
    一法誓寺へ愛拶并村中へ出動候事
    一足軽老人并中間共
     迄給扶持之事
    一改年ニ付用達共初
     一同見込相尋候事其上
     ニ而夫々用掛り申付候方
     可然存候事
    一在郷近辺并屋敷迄借財
     送致付度候事
    一江戸表借財之義ハ篤与
     勘弁之事依而一同
     可成丈草々引払
     為致度事国主方之儀ハ
     此表へ然訴罷出候様
     致度候事
    一当時之借財高巨両
     承度候事
      但在江戸共