中津川市/古文献アーカイブ

山口村誌 上巻(第四章 近世)

第四章 近世

第四節 検地と貢租

三 課役

藩用(時に幕府用)のために村々に賦課される役がある。山林監護・河川修築・道路普請・交通の出人足など、藩領地経営に必要な諸施設・工作などがある。また山口村には、木曽材の川狩輸送の山口番所があり、これに関係する出人足があった。これらの労役に服し、場合によってはそれに要する経費や物品を各村に負担させることがある。これらの労役は年貢を納めている高持が勤めるのが原則になっているから本役人という。