中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 寺跡関係の地名として、寺前、方丈庵、大門などが残っている。苗木八幡神社は成道寺の鎮守神であったと考えられている。以前はこの一帯を成道寺と呼んでいたが、苗木藩の廃仏毀釈後は八幡と呼んでいる。なお、成道寺跡からは白瓷系陶器(山茶碗)の破片が採集できる。