中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 東町地内の旧道[下洗井道]沿いにあり、現在は薬師堂とその境内に、五輪塔四基分と宝篋印塔二基分が無造作に積み重ねられている。この他に享保期の馬頭観音と名号塔が四基ある。