中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 宝幢寺[現在は法導寺]という地名が現存する。字法導寺地内には墓石の集った場所が複数あり、いずれが中心地点か判然としない。国道一九号線バイパス工事に伴い、同地内の五輪塔を中心とした地点を発掘調査したが、五輪塔の移動が認められ、四ツ目川の度重なる氾濫により、調査の成果はあがらなかった。