中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 廃寺跡は北野中川神社の南麓にあたる。現在は住宅街となっているが、宝篋印塔一基五輪塔一基がある。古井戸があったと言うが現存していない。中川神社との尾根続きの住宅の庭より白瓷系陶器片(山茶碗)を採集したが、窯跡か住居跡かの判断はつかない。