中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 旧中山道沿いの楯プレス工業所付近にあったとされ、付近の山林内には五輪塔が散在していたという。山林には市営住宅が建設され、基礎工事のとき出土品があったと報告を受けて確認に行くと、工事関係者に否定された。この廃寺跡は高野山常慶院末の古刹と伝えられ、堯遍坊関係の品が出土する可能性は充分にある。