中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 尾崎中切にあるこの廃寺跡は、段丘上の端近く中央線の南側の水田と言われている。周辺の畑より白瓷系陶器片(山茶碗)が採集される。此の段丘の下には宝篋印塔[二基分を一基とする]があり、この宝篋印塔に触れることを禁忌としている。同じ段丘上には若宮、姫宮と呼ばれる古墳と見られる塚がある。