中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第八章 寺社

第二節 寺院

一 中世の廃寺

 旧中山道沿いの磯貝氏宅裏あたりが遍通寺跡とされ、現在は薬師如来像が安置されている。この周辺からは白瓷系陶器(山茶碗)の破片が採集され、五輪塔の空・風輪や宝篋印塔の半製品がある。これは水田の暗渠工事をしているとき出土したと言う。この辺りは久々利方(千村平右衛門)の郷蔵があり、榎の大木があったと伝えられている。この遍通寺は慶応年中に廃寺になったとする説もあるが、駒場村の火災注進状(宝暦七年)の被害絵図や提出文書などにその記録はない。