中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第七章 文芸・教育

第一節 文芸

一 概説

近世における文芸の特色は、中世以来貴族・武士・僧侶らに独占されてきた和歌・連歌・俳諧などの文芸を一般庶民、なかんずく新興町人の手に引き下ろし、彼等の経済力を背景にして文芸の大衆化、普及化を達成した点にある。しかし、この事は反面、文芸の遊戯的傾向を助長し、低俗化の一途をたどる結果ともなった。