中津川市/古文献アーカイブ

中津川市史 中巻Ⅱ

第五編 近世(二) -関ヶ原戦から明治維新まで-

第六章 宿・交通

第四節 中津川・落合両宿の助郷

一 助郷

東海道では、元禄七年(一六九四)に宿場周辺の村々を定助郷と大助郷に区別して助郷村を指定した(郷土史辞典・大塚史学会編)。宿場常備人馬を使用しつくした場合に定助郷の村々に課した。それでも不足する大通行の場合には、大助郷の村々にも課すというものだが、享保一〇年(一七二五)に、この区別が廃止された。中津川宿では定助郷・大助郷の区別なく使用されていた。